media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

就活アドバイス

自己分析とは?(前編)~なぜ就職活動に【自己分析】が重要なのか?~

  • こんにちは!

    人事吉野です。

     

    9月も中旬にさしかかり、少しずつ涼しくなってきましたね!

    季節の変わり目は体調を崩しやすいので、くれぐれも

    体調にはお気を付けくださいね。

     

    さて、先日大学提携の学生さんを対象とした

    オンラインインターンを実施いたしました。

    その際に、就職活動において重要といわれている

    【自己分析】についてお話する機会があったのですが、

    本日はその内容をブログにまとめました。

     

    就職活動が本格的に始まる前に何をすればよいのか

    迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください!

    ●自己分析とは?

    まずは、自己分析とは何かをしっかり理解しましょう。

     

    自己分析とは、自分のこれまでの経験や思考を

    整理し、自分の「能力」や「性質」「強み・弱み」、

    そして「今後のありたい姿」を理解するということです。

     

    あまり普段から自分自身について深く考える機会は

    なかなかないのではないでしょうか?

     

    自己分析には、就活において2つの目的があります。

     

    1つ目は、「選考における武器の整理」のため。

    ESの記入や面接の際、限られたスペースや時間の中で

    他者に自分自身についてわかりやすく伝える必要があります。

     

    自己分析でしっかりと自分の強みや弱みなどを

    把握しておくことで、質疑応答がスムーズになるだけ

    でなく、矛盾のないアピールにつながります。

     

    何より、自信をもって発言することができます!

     

    2つ目は、「志向性・軸の整理」のため。

    自分の仕事選びの判断基準を明確にし、

    スキルが発揮できる環境やタイミングを知ることで、

    それが活かせる仕事・企業選びが可能になります。

     

    つまり、自己分析をおこなうことで、

    本当に自分に合う仕事・企業」がみえてくるのです。

    ●なぜ就活で自己分析は重要なのか?

    そもそも、なぜ就職活動において自己分析が

    大切といわれるのでしょうか?

    早速自己分析に取り掛かる前に、自己分析が

    重要といわれる理由を考えてみましょう!

     

    ここで興味深い統計をご紹介します。

    厚生労働省が2019年10月に発表した

    「平成28年3月に卒業した新規学卒就職者の就職後3年以内の離職状況」

    によると、大学新卒の32.0%が3年以内に離職しています。

     

    https://www.mhlw.go.jp/content/11652000/000557454.pdf

     

    (参考)厚生労働省/新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)を公表します

     

    実はこの数字は30年間ほぼ同水準で推移しており、

    長年新卒入社の3割超が3年以内に離職していることがわかります。

     

    離職理由は、人間関係・給与・労働時間への不満や、

    仕事に対するストレスなど様々だと思いますが、

    理想とのギャップ」が一番の原因なのではないでしょうか。

     

    このリスクを回避するには、就活・選考段階で

    アンマッチをなくすほかありません。

     

    だからこそ、自己分析で「本当に自分に合う仕事・企業

    を理解し、その企業に合格するために対策する必要があるのです。

     

    ●自己分析で早期離職リスクを軽減!

    新卒で就職活動をするのは人生にたった1度。

    その人生に1度の就活を満足のいくものにするために、

    早い段階から自分を見つめなおすことをお勧めします。

     

    次回のブログでは、具体的にどのようなことを

    するとよいのかを例を交えてご紹介いたします!

     

    自己分析はもちろん、採用に関するお問い合わせは

    お気軽にメディアハウス採用LINEより受け付けています。

     

    それでは次回の更新をお楽しみに!