media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

就活アドバイス

フレックス制度とは?(前編)~希望の【勤務形態】で企業を選ぶ~

  • こんにちは!

    人事の吉野です。

     

    もう10月も終盤にさしかかりました。

    早い企業だと、そろそろ早期選考の兆しが見え始める

    時期になってまいりましたね。

     

    自己分析や企業研究は進んでいますか?

     

    自分に合った企業を探すときに確認すべき項目が

    ありすぎてお困りの方もいるのではないでしょうか?

     

    本日は、就活をするときにチェックすべき数々の項目

    の中から【勤務形態】に焦点をあててみたいと思います。

     

    長くなってしまいそうなので、前編と後編に分けて

    お話しさせていただきます。

    後編ではメディアハウスを例に紹介しますので、

    弊社に興味がある方は来週のブログも合わせてお読みください!

    ●様々な勤務形態を知ろう!

    企業が定める勤務形態は様々です。

    例えば9:00~18:00と勤務時間が固定されている

    固定勤務形態」や、「シフト制」などがありますね!

     

    現代は働き方改革などが進み、より一人一人の

    ワークライフバランスを重視する勤務形態が増えています。

     

    その中でもよく知られているのがフレックス制度です。

    フレックス制度とは、社員が始業・終業の時間を決める

    ことができる制度で、生活スタイルに合わせて

    働くことができるのがポイントです。

     

    月単位で総労働時間は定められていますが、

    これを満たせば自由に勤務時間を決められます。

     

    ただし、フレックス制には必ず勤務しなくてはいけない

    コアタイム」というものが設定されています。

     

    例えば、始業・終業時間は自由だけど、

    11時~15時はコアタイムとして必ず勤務しましょう、

    というものです。

     

    仕事は1人で完結するものはほとんどないので、

    他の社員とスケジュールを合わせるためにも

    コアタイムが必要になってくるためです。

    ●コアタイムがない「フルフレックス制度」

    フレックス制度にはコアタイムがあると説明しましたが、

    コアタイムがなく完全に自由にスケジューリングできる

    制度もあります!

     

    それが「フルフレックス制度」です。

     

    自由にワークバランスが取れることになりますが、

    それはしっかりとしたスケジュール管理が必須、

    ということにもなります。

     

    日々のスケジュールによって労働時間を

    コントロールすることができるため、

    子育て中の社員やプライベートの時間との

    両立を目指している方にとっては嬉しいですね!

     

    実は、メディアハウスも「フルフレックス制度」をとっています!

    ●次回は事例とメリット・デメリットを紹介!

    簡単ではありますが、フレックス制について

    ご紹介いたしました。

     

    フレックス制の詳細については、厚生労働省が提示している

    下記のページをご覧ください!

    (参考)https://www.mhlw.go.jp/content/000476042.pdf

    厚生労働省/フレックスタイム制のわかりやすい解説&導入の手引き

     

    来週は、フルフレックス制を導入しているメディアハウス

    での働き方を私の体験談を交えて紹介します。

    そこから見えてくるメリット・デメリットについても

    お話したいと思います。

     

    勤務形態は、企業を決めるうえでとても大事な

    要素の1つになってくると思いますので、

    日々の生活スタイルを見つめなおしながら

    自分に合った働き方を探してみてください。

     

    それでは、次回の更新をお楽しみに!