media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

就活アドバイス

報・連・相(ホウレンソウ)はなぜ必要なの?~社会人のスタンスを学ぶ~

  • こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    徐々に気温も上がってきてそろそろ夏本番ですね!

    水分補給はこまめに行って、体調管理には気をつけていきましょう!

     

    いきなりですが、皆さんは「報連相(ホウレンソウ)」という言葉を

    耳にしたことがあるでしょうか?

     

    「聞いたことはあるけど、なぜ必要なのかは知らない」

    という方も多いのではないでしょうか。

     

    今回は、仕事をする上でなぜホウレンソウが必要なのかについてご紹介します!

    ホウレンソウとは?

    ホウレンソウとは報告・連絡・相談の頭文字を取った略語で、

    仕事を行う上でのコミュニケーションの基本と言われています。

     

    それぞれの言葉は、

    報告:依頼された事柄に対して、進捗状況や結果を共有すること

    連絡:関係者全員に対して、業務・作業情報を共有すること

    相談:業務の過程で困ったときや迷ったときに、周囲に参考意見を求めること

    というように定義されています。

     

    以下で、広告の業務を例に挙げながら、なぜビジネスにおいて必要なのか説明します!

     

    ➀報告

    広告の業務を行う上で、「納期」というものが必ず存在します。

    その納期に向けて作業を行うのですが、

    作業ミスにより納期に間に合わなくなる場合があります。

     

    その際に営業にいち早く報告することで、

    トラブルを最小限に抑えることが出来ます。

    逆に小さなミスだとしても報告せずにいると、

    後々大きな問題に発展してしまうことも考えられます。

     

    そのため、細目に報告を行うことはそのような事態を防ぐことができ、

    リスク管理という面で非常に重要となります。

     

    ➁連絡

    広告の業務ではチームで作業を行うことが多く、

    営業がクライアントと擦り合わせたコンセプトに従って、

    各メンバーが原稿制作や、LPの制作、配信準備などを行います。

     

    しかし、稀に途中でコンセプトが変更になってしまうことがあります。

    その際にチームメンバーへの連絡を怠ると、チーム全体での認識のズレが生じてしまい、

    最終的に一から作り直しになるという事態につながる可能性があります。

     

    そのため、細かな連絡を心掛けることによって、

    各メンバーが共通意識を持って作業を行うことができ、

    最終的には生産性の向上や、作業の効率化につながります。

     

    ③相談

    広告の業務を行う中で1人では解決できないような

    困難な課題に直面する場面が多々あります。

     

    そこで、誰にも相談せず自分一人で抱え込んでしまうと作業が進まず、

    結果として納期に間に合わないという事態に発展する可能性が生じます。

     

    そのため、自分の力だけで解決できない場合は

    早期に上司や同僚に助けを求めることが重要です。

     

     

    以上、ホウレンソウの重要性についてご紹介しました!

    メディアハウスでは入社前研修の一環として、

    社会人としてのスタンスや、ホウレンソウの重要性に関する研修を行っています!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!