media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

就活アドバイス

企業研究はどうやってやるの?~業界・企業研究のコツを知る~

  • こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近は台風の影響で気温の変化が激しいですね。

    体調を崩しやすい時期ですので、体調管理には気をつけていきましょう!

     

    さて、8月になり就職活動に向けて動き出した方も多いのではないでしょうか?

    その中で企業研究を行っている方もいらっしゃると思います。

     

    今回はそのような方たちに向けて、一歩踏み込んだ企業研究のポイントを皆さんにお伝えします!

    ➀”現在”だけではなく、”過去”と”未来”も理解しよう

    企業研究を行う上で、まずは業界のトレンドや、市場シェアなどを調べていくと思いますが、

    その際に現在の情報だけを調べるのではなく、過去未来についても調べることをお勧めします。

     

    その業界がどのような歴史を経て今の状態になったのか、

    今後どのような成長を遂げていくのか、を知ることは

    業界の安定性や成長性を把握することに繋がります。

     

    また、これからの業界の未来について理解することで、

    将来的にその業界で働くために求められる能力についても

    見えてくるのではないかと思います。

    ➁ビジネスモデルを理解しよう

    企業がどのようにして売り上げを立てているのかについて知ることで、

    業務の全体像を理解することができるだけでなく、

    自分が携わりたい仕事が業界全体のどのフェーズにあたるのか、

    理解することにもつながります。

     

    つまりは、具体的な業務内容を知ることにもつながってきますので、

    ビジネスモデルを把握しておくことをお勧めします!

    ③競合他社と比較をしてみよう

    皆さんも企業研究をする中で、企業の強みと弱みを調べていくと思います。

    ですが、業界の中には取り扱っている商材や、媒体、ビジネスモデルが

    似通っている企業が多く存在しますので、

    その企業の特徴が何なのか、見失ってしまうことがあるのではないでしょうか?

     

    そのような時は競合他社と比較していただきたいと思います。

    もし似通っていたとしても、全く同じということはなく、必ず”違い”があります。

    その違いが企業の強みや弱みなどの特徴になります。

     

    ですので、企業研究をする上で一つの企業だけを見るのではなく、

    複数の企業と比較することによって、

    企業の特徴を発見することができるのではないかと思います。

    ④企業が見据える未来を確認する

    現在、企業が行っている事業内容は時代の変化に合わせて

    大いに変化していく可能性があります。

     

    そのため、事業内容のみに魅力を感じて入社を決めた場合、

    入社後のミスマッチに繋がってしまいます。

     

    しかし、変化する可能性がある事業内容に対して、

    企業理念や企業が抱えている目的は絶対に変化することはありません。

     

    企業理念や長期的な目標に共感ができる企業に入社することが

    長く働くことにもつながると思いますので、

    是非とも企業が見据える未来にも目を向けてほしいと思います!

    企業研究は就職活動の第一歩!

    いかがでしたでしょうか?

     

    これから就職活動を始める方も、いま行っている方も、

    上記の4つのポイントを抑えて企業研究を行っていただけると

    嬉しいです!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!