大澤 敦
アカウントエグゼクティブ部 
アカウントプランナー
2020年新卒入社

あなたにとって、「リンクルらしい」とは?―

常に新しいことへ挑戦しているところです。自分たちの仕事内容やWeb業界についてはもちろん、クライアントのビジネスに対しても好奇心が強いため、とにかく幅広い知識を持っている人が多いです。一人一人に得意な領域があり、それを活用しながらお互いに助け合うことができるチームというイメージですね。

リンクルの仕事の中で、面白いと思うことと大変だと感じることは?―

大きく分けると、リンクルにお問い合わせいただいた企業様へのヒアリングや提案といった新規顧客対応と、すでにお取引のあるクライアントとの打合わせや提案、レポート報告といった既存顧客対応の2つを行っています。クライアントによって課題も異なり解決方法もさまざまあるため、過去の事例がない案件や新しい取り組みに挑戦するときは、未知のものを自分で考え提案する大変さや難しさを感じます。でも、クライアントのビジネスの仕組みや目指している方向性を正しく理解して、それに対して自分がどのように貢献できるかを必死に考えた施策が実際に成果を生んでお客様に喜んでいただけたときは、非常にやりがいを感じます。それがなにより面白いと感じるところです。

大澤 画像1_1

大澤 画像2
大澤 画像2

自分が成長したと感じるのはどんなときですか?―

一言でいうと、それまでできなかったことができるようになったときです。新たな広告フォーマットの実装や、自分にとって経験がない業種・業態のクライアントへの提案など、新しいノウハウが自分の中に蓄積されていくのを実感した際に、最も成長を感じます。業界全体としてアップデートが非常に激しくスピーディーで、常に最新情報をキャッチアップしないといけないため、自然と成長を感じる機会が多い一方、日々継続して成長し続けていけるよう、新しいことにどんどん挑戦していくことは意識しています。

これから挑戦したいと思うことは何ですか?―

あらゆるクライアントのビジネスを拡大するにあたって、より本質的な課題解決策を導き出せるコンサルティングの視野をもった提案ができればと思っています。Web広告の運用業務は急速に機械化や自動化が進んでおり、クライアントからご依頼いただいた作業を代行するだけでは代理店の価値がどんどん失われていくと思います。だからこそ、もっと本質的な戦略設計やプランニングなどの部分でクライアントのビジネスに貢献でき、解決策を提案できるパートナーになることを目指しています。

  • prev
  • 一覧へ戻る
  • next