media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

  • 就活アドバイス

    円滑なコミュニケーションのための取り組み例をご紹介!~社内SNSの活用~

    こんにちは!

    人事の吉野です。

     

    昨日、緊急事態宣言の延長が決定されました。

    外出自粛や時短要請などが続き、少し気が滅入りそうな

    ところではありますが、ここが踏ん張りどころ!

     

    私はこの外出自粛延長を見越して、この前の休日に

    Nintendo Switchをゲットしました!(笑)

    まだあまり遊べていないのですが、次の休日は

    会社の同期と通信して過ごす予定です。

    引き続き体調管理に気を付けて過ごしましょう!

     

    さて本日は先週の記事の続編です。

    在宅・リモートワークが続いたことで改めて気が付いた

    コミュニケーションの大切さについてお話しました。

     

    これを受けて、メディアハウスでは一体どんな取り組みを

    しているのかを今日はご紹介したいと思います。

     

    ●連絡はビジネス版LINEで気軽に、スピーディーに

    メディアハウスでは、社員同士が円滑に情報交換を

    できるように様々なコミュニケーションツールを

    導入しています。

     

    中でも、一番使用頻度が高いのがビジネス版LINEです。

     

    普段からも気軽にコミュニケ―ションがとれる

    SNSとして使われているLINEですが、こちらの

    ビジネス特化型バージョンを導入しています。

     

    使い方や機能はほぼLINEと同じなので、

    スピーディーかつ簡単に連絡をとることができます。

    在宅・リモートワークで離れていてもすぐに連絡を

    とることができるのは、とても心強いですね。

     

    また、課やプロジェクトチーム毎にグループも作成できるので、

    情報共有やトピックス共有に有効活用されています。

     

    スタンプもビジネスで使いやすいようなものが

    多数使用可能なため、称賛を贈りたいときや

    応援したいときなどに、私もよく押しています♪

     

    メリットとしては、連絡の即時性だけではなく、

    ビジネス特有の堅苦しさが軽減される、という面も

    あるのではないかと感じています。

     

    メールで送るほどではないけど、ちょっと聞いてみたい

    ことなどを気軽に聞くことができるのも嬉しいです!

     

    社内だけではなく、普段LINEを連絡手段として

    利用されているお客様と、LINEでやりとりする

    ことができるのも特徴です。

     

    SNSの普及により電話やメールを使うことが減った

    お客様とも接点をもつことができるので、

    新時代のコミュニケーションツールとして重宝されています。

    ●最新トピックスは社内SNSでチェック

    メディアハウスでは各社のトピックスや会社情報

    をいつでもチェックできるように、社内SNSを導入。

    イメージとしては、社内掲示板のようなものです!

     

    人事関連の情報やシステム関連のお役立ち情報などを、

    必要な時に検索して確認ができるようにストックしています。

    各社でMVPなどの表彰があった場合も、記事を作成して

    全社にむけて発表をおこなっています。

     

    特徴としては、記事に対して社員が【反応】できること。

    コメント機能はもちろん、Twitterのいいね!に似た機能が

    搭載されているので、エンゲージメントがわかりやすいです。

     

    人事としては、もっとこの機能を利用して社員同士の

    コミュニケーションを活性化させたいと考えているところです。

    在宅・リモートで離れていても、まるで社内にいるような

    居心地のよさ・安心感を目指していきたいです!

    ●大事なのは「自分から」コミュニケーションをとる姿勢!

    一部ではありますが、社内でのコミュニケーション活性化に

    おける取り組みをご紹介しました。

     

    ただしツールが整っているからといって、必ずしも

    よいコミュニケーションが生まれるわけではありません。

     

    両者に共通するのは、「自分から進んでコミュニケーション

    をとろうとする姿勢」が必要であるということです。

     

    わからないことがあったら積極的にLINEを利用して質問する、

    気になるトピックスがないか定期的に社内SNSをチェックする、

    ためになる情報は社内でどんどん共有していく…などなど。

     

    円滑にコミュニケーションをとり、そこで得た知識や情報を

    最大限お客様に提供して課題を解決していくことが

    何よりも大切なのではないかと思います。

     

    在宅・リモートワークの普及によって離れているからこそ、

    ますますこの姿勢が求められてくるはずです。

     

    人事としてもその姿勢をフォローできるように、

    引き続き様々な施策を考えていきます!

     

    人事ブログでは引き続き採用お役立ち情報や

    会社の情報などをお伝えしていきます。

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    人事のつぶやき~コロナ禍で気づいたコミュニケーションの大切さ~

    こんにちは!

    人事の吉野です。

     

    2度目の緊急事態宣言が1都3県に発令されて

    約3週間が経過しようとしています。

     

    政府の見込みでは2月末まで延長になる可能性が高いと

    いうニュースを今朝耳にし、まだまだ新型コロナウイルス

    との闘いは続きそうだなと感じている今日この頃です…。

     

    国内での感染者が初めて確認され、会社をとりまく環境も

    自分自身の働き方にも変化が表れて約1年が経ちました。

     

    メディアハウスでも昨年春の緊急事態宣言を受け、

    早急に在宅・リモートワークに対応できるように

    システムの整備やそれに伴うルールの作成が進められ、

    安全を確保しながらの業務が可能になりました。

     

    メールや電話、社用LINEのようにコミュニケーションツール

    を利用して連絡をとることは可能なため、仕事そのものに

    支障をきたすことはそれほどありません。

     

    しかし、それ以上にいかに社内で突然生まれる何気ない会話や

    他愛もない雑談が仕事に彩りを与えていたのかを、

    この在宅勤務を通してひしひしと実感しています。

     

    コミュニケーションという言葉は広義で解釈することができるため、

    就職活動においても定義づけが大切になります。

    傾聴力や発言力、理解力などさまざまな定義ができますが、

    このコロナ禍において、また新たな定義が生まれるのではと感じます。

     

    例えば、相手の状況を予測し、先回りして連絡をとる「察知力」や

    他者が声をかけやすい雰囲気づくりなども大切なコミュニケーション

    スキルの一部なのではないか、と思います。

     

    みなさんも、大学での授業がオンライン化したことによって、

    コミュニケーション面での課題を感じることがあるのではないでしょうか。

     

    新型コロナの拡大に限らず、これからも社会は

    どんどん変容を遂げていくことと思います。

    そんな中で、「今」大切なことは一体何なのかを

    常に考えながら柔軟に対応できるようにしたいですね!

    ●次回はメディアハウスでの取り組みをご紹介!

    今日はいつもと少し趣向を変えて、コロナ禍で

    働く中で私が気が付いたことを備忘録的にご紹介しました。

     

    もちろん、そんな状況を憂いているだけではありません!

    この状況を受けてメディアハウスでも取り組んでいる

    コミュニケーション課題を解決するための取り組みを

    次週は具体的に紹介したいと思います。

     

    次週の更新もお楽しみに!