media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

  • インタビュー

    【インタビュー】新卒入社2年目の若手社員に仕事への想いを聞きました

    こんにちは。メディアハウス人事の大石です!

     

    今回はメディアハウスの新卒2年目(2019年入社/人材採用部門営業)の

    じゅんぺい君にインタビューしてきました!!

     

    2年目となり、立派に独り立ちして活躍している

    若手社員の熱意や1日の過ごし方などをお伝えします。

     

    入社年度によって研修内容は変わるのですが、

    是非参考にしてみてください!

    ①入社理由を教えてください!

    選考の中で自分が成長できていると感じたのが一番の理由です!

     

    メディアハウスでなら、これからも自分が成長

    できそうだと強く感じました。

     

    また、多様な業界に触れ、知見を広げながら仕事が

    できるのもとても魅力的でした!

    ②研修について教えてください!

    研修は半年間(4月~10月)、配属先の研修カリキュラム

    に沿って行いました。

    自分たちが扱う商品について、各業界のお客様について、

    商談の進め方についてなど、全て1から丁寧に教えていただきました。

     

    また、1人ずつメンターの先輩が付き、課題に対しての

    アドバイスや1日の振り返りなど、密にコミュニケーション

    を取りながら指導していただけます。

     

    先輩の商談に同行させていただいて、現場を間近で

    見せていただける同行研修もあるので、実際の商談の流れや

    空気感を直接学ぶことができます。

    ③現在の仕事内容(1日の流れ)を教えてください!

    日によって動き方は異なりますが、

    オーソドックスな業務をお伝えします!

     

    9:30 出社:メールチェックやその日の業務の準備

     

    10:00 顧客接触開始:お客様に電話、新規のお客様への

    接触を行います。

     

    12:00 お昼:外出中は自分の担当エリアで先輩からオススメ

    されたお店に行ったりします。

     

    13:00 顧客接触:お客様とのアポイントや、新規顧客との

    商談に行きます。

     

    17:30 数字周り入力:毎日更新する入力項目があり、

    自分のチームの数字進捗や目標に対する自分の

    位置を把握します。

     

    18:00 業務整理:当日の業務振り返りや、

    翌日以降の業務の準備を行います。

    ④入社前とギャップがあれば教えてください!

    良い意味ですごく自由に働かせてもらっていると感じています。

     

    新卒のうちはもっと受け身なのかなと思っていましたが、

    自分主体でお客様に接して、それを上長や先輩方にサポート

    していただく感じで、自分の力で挑戦しながら働けます。

     

    なので、「失敗しても先輩が助けてくれる」くらいの気持ちで

    思いきりお客様にアタック出来ます!

    ⑤メディアハウスの選考を受けるうえで、就活生にアドバイスがあれば教えてください!

    自己分析を繰り返し行っていく事が大事だと思います。

     

    自分はどんなことに喜びを感じて、どんなことがしたいのか等

    「自分ってどんな人?」を深く考えてみることをオススメします。

     

    就活に限らず、今後社会人として働いていく上でも

    「自分を知る」ことは大切なことなので、ぜひ徹底的に

    自己分析してみてください。

    インタビューページも要チェック!

    じゅんぺい君、ご協力ありがとうございました!

     

    いかがでしたか?

    メディアハウスでの仕事の流れが少しでもリアルに

    お届けできていたら幸いです。

     

    もちろん職種や部署によって仕事内容やスケジュールは

    異なりますが、どこに所属していても私たちメディアハウス

    グループが掲げるMVVへの想いは同じです。

     

    「全国の中小企業を元気にする」

     

    このワードに興味を持った方は、ぜひ採用LINEへの登録

    やインターンシップへの参加をお願いします!

     

    採用に関するご質問も受け付けておりますので、

    お気軽にご相談ください。

     

    それでは次回の投稿もお楽しみに!

     

  • インタビュー

    20新卒にメディアハウスに入社した理由や就活の思い出をインタビューしました

    こんにちは!メディアハウス人事の大石です。

     

    今回の人事ブログは、20新卒として今年の4月に入社した

    フレッシュなメンバーに「どのような就活をしていたか」

    「なぜメディアハウスに入社したのか」など、就活の思い出を

    インタビューしてきました。

     

    就活を終えてから入社間もない彼らの貴重な声を、

    是非参考にしてみてください!

    Q1.どのようにメディアハウスを知りましたか?

    ★広告業界に興味があり、リクナビで検索してHitしました!

    (Yさん/学習院大学)

     

    ★友達が説明会に参加していて、オススメされました!

    (Kさん/関西学院大学)

     

    ★大学の先輩がメディアハウスで活躍していて、

    どんな会社か興味を持ちました!

    (Dくん/法政大学)

    Q2.ズバリ、メディアハウスへの入社理由を教えてください!

    ★社内の雰囲気と働きやすさに圧倒されました。

    また、仕事を通して、自分が一番成長できる場所だと感じ、

    入社を決めました! (Kくん/創価大学)

     

    ★「中小企業を元気にする」というMissionと、

    自分が目指している将来像がマッチしていたことと、

    人事の方がこまめに相談に乗ってくれて

    「人」の良さを感じたからです!

    (Sくん/東京理科大学)

     

    ★面接がきっかけです。どの段階でも定型質問ではなく、

    私個人を知ろうとする姿勢を感じ、「いい会社だな」

    と思いました! (Mさん/法政大学)

    Q3.メディアハウスの選考を受ける方にアドバイスをお願いします!

    ★「自己分析」をキチンとして、

    「なぜメディアハウスなのか」など、明確に伝えるよう

    にしましょう! (Nさん/駒澤大学)

     

    ★これまでの経験、なぜその行動をとったか(動機)、

    感じたこと(成果/反省点)など、自分自身をしっかり

    「深堀」しましょう! (Mさん/昭和女子大学)

     

    ★返信の速さや、面接の際の第一印象には

    特に注意しました! (Sくん/新潟経営大学)

    Q4.どんな社会人になりたいですか?

    ★クライアント企業の課題を的確に解決し、

    プライベートの相談もされるまで信頼関係を

    築ける社会人になりたいです! (Kさん/同志社大学)

     

    ★責任感を持ち、クライアント企業の立場に

    寄り添った社会人になりたいです!

    (Iさん/関西外国語大学)

     

    ★謙虚でありながら、貪欲な社会人になりたいです。

    また、クライアント企業に「付加価値」を提供し続ける

    ような人間になります! (Kさん/関西学院大学)

    今後の彼らの活躍に乞うご期待!

    以上です。

    みなさん、ご回答ありがとうございました!

     

    そんな彼らも現在研修に奮闘中。

    それぞれが抱いた夢や目標を達成しながら、

    一緒に「全国の中小企業を元気に」できるよう、

    これからも頑張りましょう♪

     

    ぜひ彼らの今後の活躍にご期待ください!

     

    メディアハウスの採用に関してのご質問は、

    採用LINEより気軽に受け付けております。

    下記のリンクをぜひチェックしてください。

     

    次回は、昨年12月にリニューアルした

    メディアハウスのコーポレートサイトや採用サイトに

    ついてお話したいと思います。

    それでは、次回の更新をお楽しみに!

  • インタビュー

    2018年度最優秀新人賞/ディレクター山本美乃さんにインタビューしました

    2019年4月に行われた全社キックオフで、2018年度最優秀新人賞に輝いた、ディレクターの山本美乃さん。

     

    入社からの1年間の苦労や、乗り越えたときの喜びを語ってくれました。

     

     

    4月にメディアハウスでは、全国にいる社員が一斉に集まる全社キックオフというものを開催しています。その中で一番印象に残ったのが、表彰でした。前年度に活躍した先輩が、最優秀新人賞で呼ばれ、檀上に上がり、嬉し涙を流しながらお話されている姿に、感動したのを今でも覚えています。キックオフ後の飲み会の席で、最優秀新人賞を獲りたいと多くの先輩にお話しました。

     

    半年間の研修を経て、ブライダル領域のディレクターとしてデビューしました。お客様の前に出るためにたくさんの準備をしていたのですが、やはり現場では想定していない質問も多くあり、うまく答えられないケースもありました。その度に、先輩に相談をしながら、改善を繰り返すことでお客様からの信頼を少しずつ得られるようになりました。大変なこともありましたが、先輩の支えもあり、努力を続けることができました。

     

    入社から1年が経った2度目のキックオフ。最優秀新人賞の発表で自分の名前が呼ばれたときは、本当にビックリして信じられませんでしたが、花道を歩くとたくさんの先輩たちや同期が「おめでとう!」と声をかけてくれ、感動で涙が止まりませんでした。1年間支えてくれた先輩がた、そしてクライアントに感謝の気持ちでいっぱいです。これからディレクターとしてさらに成長して、周りのみなさんに恩返しできればと思います。