media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

  • 採用情報 新着情報

    22新卒選考の2次エントリーを受付開始いたしました

    このたび、メディアハウスホールディングス

    22新卒選考の2次エントリーを受付開始いたしました。

     

    エントリーは、リクナビ2022より受け付けております。

    エントリー後は、弊社オンライン説明会を

    ご案内しております。

     

    ――――――――――――――――――――――

    【日時】

    6月30日(水)16:30~18:00

     

    【形式】

    オンライン(Google meetを使用)

     

    【参加方法】

    ①まずは、リクナビよりエントリーをお願いします。

     

    ②説明会申し込み画面より、詳細をご確認の上

    お申し込みください。

     

    ③説明会前日までに、OpenESのご提出をお願いします。

     

    ――――――――――――――――――――――

     

    今年度最後の募集の予定となっておりますので、

    ご興味のある方はぜひエントリーください。

     

    ご不明点等ございましたら、お気軽に

    下記までお問い合わせください。

     

    電話番号:03-5229-7171(人事直通)

    MAIL:22saiyo@mediahouse.co.jp

    人事グループ 新卒採用担当 吉野/福島

  • 就活アドバイス

    【第2弾】日常で飛び交うビジネス用語~社会人への心構え~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    先週まで夏らしい陽気となっていましたが、遂に関東も梅雨入りしましたね…

    ジメジメする日が続きますが、気持ちは晴れ晴れといきましょう!

     

    さて、今回お送りするコンテンツは「社会人になるとよく耳にするビジネス用語」の第2弾です!

    第1弾が気になる人は是非下記リンクから見てみてくださいね!

    ちなみに今回ご紹介するのは、「KPI」と「KGI」についてです!

    一見非常に似通っていますが、意味合いは全く異なります。

     

    それぞれの意味や違いをご説明しますのでぜひ覚えてみてくださいね!

    KGI(重要目標達成指標)

    KGIとはKey Goal Indicatorの略で、ビジネス全体の最終的な目標のことを指します。

    例えば「売上高」、「売上総利益」、「営業利益」などを指標として設定します。

    KPI(重要業績評価指標)

    KPIとはKey Performance Indicatorの略で、

    目標達成のためにプロセスが順調に進行しているのかを図る指標のことを言います。

     

    KGIとして使用される指標は、組織や部門によってさまざまですが、

    営業では、営業案件数、顧客単価、受注期間(営業をかけてから受注するまでの期間)

    などを設定することが多いです。

     

    ちなみにWeb広告では、広告がクリックされた回数(クリック数)や、

    申込数やお問い合わせ数(コンバージョン数)などをKPIとして設定します。

    KPIとKGIの違いとは?

    ではKGIとKPIは何が違うのでしょうか?

     

    皆さんお気づきかもしれませんが、

    ビジネスの最終目標であるKGIを達成するために必要な小目標がKPIとなります。

     

    例えば「売上を〇〇%UPさせる」というKGIを設定した場合、

    その目標を達成するためには新規顧客の創出、客単価のUP、

    リピーターの獲得などが必要です。それらの要素をKPIとして設定します。

     

    ビジネスにおいてはもちろん、広告業務においても、

    KPIとKGIをしっかり設定することが重要です!

     

     

    以上、KPIとKGIについてご紹介しました!

    社会人になると、KPIやKGI以外にも

    英単語3文字の略語を耳にする機会が増えると思います。

     

    興味のある方は今から少しずつ覚えていくと、

    社会人になったときに役立つことがあるかもしれませんね!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • イベント

    2021年夏季1dayインターンシップを開催します!~サマーインターンシップのメリットとは?~

     

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    夏日の日も徐々に増えてきて、エアコンが恋しい季節となりましたね!

    温度管理には注意して体調を崩さないよう気をつけていきましょう!

     

    さて、昨年は新型コロナウイルスの影響で実施できなかった夏季1dayインターンを、

    今年はオンライン形式で開催いたします!

     

    弊社以外の企業様も続々とインターンシップの情報を解禁していますが、

    皆様の中には「大学3年生の夏休みにインターンに行く意味あるの?」と

    サマーインターンシップに参加するか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

     

    今回はそのような方たちのためにサマーインターンシップに参加するメリットについてご紹介いたします!

    メリット① 実際の業務を体験できる

     

    インターンシップに参加する最大のメリットは何といっても、実務を体験できること

     

    実際の業務を肌で体験することで、自分にマッチした仕事なのか、

    自分がやりたい仕事は何なのか、を早い段階から見極めることが出来ます。

     

    ちなみにメディアハウスの1dayインターンシップでも、

    求人広告の営業&制作体験ができるプログラムをご用意しています。

     

    皆さんには実際にヒアリングから制作までを体験し、求人広告を制作していただきます。

     

    是非この機会に広告制作の楽しさを体感してみてください!

    メリット➁業界研究に活かすことができる

     

    四季報や、業界本を見て業界研究するのは正直大変ですよね。。

     

    そのように感じている方は是非インターンシップを活用してみてください!

     

    どの企業のインターンシップでも、必ずと言っていいほど

    業界について説明するプログラムが含まれています。

     

    本よりも、リアルな生の情報をゲットできると思います!

     

    弊社でも広告業界の仕組みや、トレンドをご紹介するプログラムを予定しています!

    メリット③企業の社員と会える

     

    採用HPを見ても、なかなか社風を感じ取ることは難しいのではないでしょうか。

     

    社員の方と実際に会話し、社員の雰囲気を肌で感じることが出来る点も

    インターンシップのメリットの一つになります。

     

    メディアハウスの1dayインターンシップでも、

    実際に現場で働いている社員と会話できる機会を設けており、

    その社員からワークで制作した広告に対してフィードバックがもらえます!

     

    現場社員からフィードバックをもらえるのは貴重な機会だと思いますので、

    是非この機会に参加してみてください!

     

     

    以上、サマーインターンシップに参加するメリットについてご紹介しました。

     

    上記の内容を見て、メディアハウスの1dayインターンシップに参加したい!

    と思ってくれた方は是非ともリクナビからお申込みいただきたいと思っています!

     

    今年はオンライン開催ということもあり、東京以外の大学に通われている方も

    参加しやすいと思いますので、是非お気軽にお申込みください。

     

    また、今年も多くの学生さんからお申込みいただいており、

    徐々に参加枠が埋まってきていますのでお早めにご予約いただければと思います。

    1dayインターン詳細

    【開催場所】

    オンライン(Google meet)で開催いたします

     

    【開催日程】

    7/27(火)・7/29(木)

    8/2(月)・8/4(水)・8/6(金)

    8/23(月)・8/25(水)

     

    【対象】

    23卒向け(大学1・2年生も参加可能です)

     

    文系・理系不問

     

    各回 12:00~18:00(予定

  • 就活アドバイス

    報・連・相(ホウレンソウ)はなぜ必要なの?~社会人のスタンスを学ぶ~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    徐々に気温も上がってきてそろそろ夏本番ですね!

    水分補給はこまめに行って、体調管理には気をつけていきましょう!

     

    いきなりですが、皆さんは「報連相(ホウレンソウ)」という言葉を

    耳にしたことがあるでしょうか?

     

    「聞いたことはあるけど、なぜ必要なのかは知らない」

    という方も多いのではないでしょうか。

     

    今回は、仕事をする上でなぜホウレンソウが必要なのかについてご紹介します!

    ホウレンソウとは?

    ホウレンソウとは報告・連絡・相談の頭文字を取った略語で、

    仕事を行う上でのコミュニケーションの基本と言われています。

     

    それぞれの言葉は、

    報告:依頼された事柄に対して、進捗状況や結果を共有すること

    連絡:関係者全員に対して、業務・作業情報を共有すること

    相談:業務の過程で困ったときや迷ったときに、周囲に参考意見を求めること

    というように定義されています。

     

    以下で、広告の業務を例に挙げながら、なぜビジネスにおいて必要なのか説明します!

     

    ➀報告

    広告の業務を行う上で、「納期」というものが必ず存在します。

    その納期に向けて作業を行うのですが、

    作業ミスにより納期に間に合わなくなる場合があります。

     

    その際に営業にいち早く報告することで、

    トラブルを最小限に抑えることが出来ます。

    逆に小さなミスだとしても報告せずにいると、

    後々大きな問題に発展してしまうことも考えられます。

     

    そのため、細目に報告を行うことはそのような事態を防ぐことができ、

    リスク管理という面で非常に重要となります。

     

    ➁連絡

    広告の業務ではチームで作業を行うことが多く、

    営業がクライアントと擦り合わせたコンセプトに従って、

    各メンバーが原稿制作や、LPの制作、配信準備などを行います。

     

    しかし、稀に途中でコンセプトが変更になってしまうことがあります。

    その際にチームメンバーへの連絡を怠ると、チーム全体での認識のズレが生じてしまい、

    最終的に一から作り直しになるという事態につながる可能性があります。

     

    そのため、細かな連絡を心掛けることによって、

    各メンバーが共通意識を持って作業を行うことができ、

    最終的には生産性の向上や、作業の効率化につながります。

     

    ③相談

    広告の業務を行う中で1人では解決できないような

    困難な課題に直面する場面が多々あります。

     

    そこで、誰にも相談せず自分一人で抱え込んでしまうと作業が進まず、

    結果として納期に間に合わないという事態に発展する可能性が生じます。

     

    そのため、自分の力だけで解決できない場合は

    早期に上司や同僚に助けを求めることが重要です。

     

     

    以上、ホウレンソウの重要性についてご紹介しました!

    メディアハウスでは入社前研修の一環として、

    社会人としてのスタンスや、ホウレンソウの重要性に関する研修を行っています!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • 就活アドバイス 会社情報

    広告代理店にはどんな種類があるの?~企業理解:競合他社を知る~

    こんにちは!
    メディアハウス福島です。

     

    いきなりですが、皆さんは広告業界にどのような種類の
    企業があるのか考えたことはありますでしょうか。
    一口に広告業界と言っても、広告代理店や
    広告制作会社など様々な種類があります。

     

    今回はその中の一つ、広告代理店の種類についてご紹介します!

    ●広告代理店の種類とは?

    広告代理店は大きく分けて3つの種類がありますので、
    1つずつご説明したいと思います。

     

    ①総合広告代理店

    紙媒体やWEB媒体などのほぼ全ての広告媒体を取り扱っており、
    企画から制作、またその先の運用までを一気通貫で行うことが
    できる広告代理店のことを指します。

     

    ちなみにメディアハウスも総合広告代理店に属します!

     

    あらゆる広告媒体を取り扱っているので
    クライアントの幅広い要望に応えることができ、
    複数の広告媒体をまたいだプロモーションが

    出来るのが大きな特徴です。

     

    例えば、テレビ広告や雑誌広告で幅広く商品の認知を図りつつ、
    リスティング広告(検索連動型広告)でその商品を検索した消費者を
    最終的な目標の購買へ誘導するという戦略を企てることができます。

     

    ②専門広告代理店

     

    特定のメディアに特化した広告代理店のことを指します。
    例えばインターネット広告代理店もここに含まれます。

     

    特徴としては、WEB領域などのある特定の領域のノウハウや
    知識を豊富に持っている点が挙げられます。

    そのため、ある特定の広告媒体のみでプロモーションを図る場合は、
    より効率的な戦略を企てることが可能です。

     

    ちなみに2019年にメディアハウスの傘下に加わった
    株式会社リンクルも元々はインターネットに特化した

    専門広告代理店で、現在はインターネット領域の知識や

    ノウハウをメディアハウス全体に浸透させてくれています!

     

    ③ハウスエージェンシー型広告代理店

     

    総合広告代理店と同様に幅広い広告媒体を

    取り扱うことができますが、基本的には親会社や

    グループ会社のプロモーションをするために
    設立された広告代理店のことを指します。

     

    しかし、近年では親会社だけでなく、
    他社のプロモーションを担当する企業も増えてきています。

     

    ●競合他社を研究してみよう!

    以上、広告代理店の種類をご紹介しました。

    ぜひ、今回紹介した代理店の種類にあてはまる企業を探して、

    皆さんのやりたいことや、将来の目標に合わせて自分に合った

    広告代理店を見つけてみてください!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っています。

     

    次回の更新をお楽しみに!

  • 採用情報

    メディアハウスが求める人物像~企業理解:企業と自分のビジョンを照らし合わせる~

    こんにちは!

    人事の吉野です。

     

    一気に気温が上がり夏を感じさせられたかと思いきや、

    最近はずっと雨が降っていてすっきりしない天気ですね。

    今年は例年よりも早く梅雨入りするそうですが、

    私は梅雨が苦手なので早く終わってほしいです(笑)

     

    さて、本日はメディアハウスが求める人物像に

    ついてご紹介したいと思います。

     

    メディアハウスでも、着々と22新卒採用が

    進んでおり、学生さんから求める人物像を教えて

    くださいと言われる機会が非常に増えました。

     

    そこで、今回はメディアハウスが目指す未来を

    改めてご説明しながら、そんな未来を担うために

    こんな方と働きたい、という人物像をご紹介します。

    ●Mission「全国の中小企業を元気にする」ために必要なこと

    私たちメディアハウスは、Mission(存在意義、使命)に

    全国の中小企業を元気にする」を掲げています。

     

    日本の99.7%を占める中小企業を支援することが、

    日本の経済全体を底上げしていくと考えるからです。

     

    これを実現するための道しるべとしてVision(在るべき姿)に

    トータルソリューションカンパニー」を掲げています。

     

    ITの進化や消費者行動・ニーズの変化によって、

    ひとくちに広告といってもそのサービスの在り方は

    めまぐるしく変化を続けています。

     

    そんな中、広告を中心としたコミュニケーション

    サービスを提供する総合広告代理店として、

    あらゆるソリューションを提供できるようにする

    ことが重要である、という考えです。

     

    お客様1社1社によって課題は異なります。

    だからこそ、たくさんのソリューションやノウハウを

    保有し、会社全体にそのナレッジを浸透させていく

    ことを目指してこのVisionが掲げられています。

    ●メディアハウスが求める人物像

    以上を踏まえて、現在メディアハウスでは複数の事業を

    展開し、非常に多くのソリューションを提供して

    お客様の経営課題の解決の支援を行っています。

     

    そこで、私たちが掲げたMVVを実現させるためには、

    どのような人材が必要なのかを考えました。

     

    まず一つ目は、「複雑化する事業を複合的に捉え、

    グループとしてやるべきことを進んで考えられる」こと。

     

    人材採用支援、集客販促、広告制作、WEBマーケティング

    など幅広い事業を展開しているからこそ、各社の機能や

    存在価値を自ら考え、行動に移せることが必要だと

    私たちは考えています。

     

    2019年にリンクルが参入したことにより、

    インターネット領域のソリューションの幅を拡げる

    ことが可能になりました。

     

    時代の変化を踏まえて、例えば既存の広告とネット広告を

    どのように融合させていくのか、各社がどのように連携すること

    によって、お客様に<最適解>を提供することができる

    ようになるのかなど、常に私たちの介在価値を考えながら

    お客様に寄り添うことが大切だと考えているからです。

     

    そしてもう一つは、「能動的に学ぼうとする姿勢がある」こと。

     

    これはメディアハウスに限らず、どんな仕事においても

    大切な姿勢だと思いますが、リモートワークが普及して

    いくにつれてよりこの姿勢の大切さに気が付きました。

     

    リモートワークになると、どうしても対面の時と比較して

    コミュニケーションが不足しがちになってしまいます。

    だからこそ積極的に自ら行動を起こしていく姿勢が必要に

    なるのですが、あくまでこれは自分だけのためではなく、

    一緒に仕事をするメンバーやひいてはお客様のために

    繋がるのではないかと思っています。

     

    どんどんと知識・ノウハウを吸収し、お客様に還元する

    ことができれば、Missionの実現にも近づくと考えています。

     

    メディアハウスには、様々な強みを持っているメンバーが

    多数いるので、「●●業界については▲▲さんに質問しよう!

    キャッチコピーが得意な▲▲さんにアドバイスをもらおう

    というように、お互いの強み・弱みを補い合いながら

    日々お客様や広告と向き合っています。

     

    質問もしやすい雰囲気のため、恐れずにどんどんと

    飛び込んでいくことが自身の成長にもつながると思います!

    ●自分のビジョンに合わせて「求める人物像」をチェック!

    いかがでしたか?

    今回は、少し人事として張り切って語ってしまいました(笑)

    今日紹介したのは一部分に過ぎませんが、

    非常に大切なことであると思っています。

     

    毎度お伝えしているように、同じ業界・業種でも

    企業が目指している姿が異なれば、求める人物像も変わります。

    業界や仕事内容だけでなく、必ず企業の考えや未来の姿に

    ご自身を照らし合わせながら企業選びをしてみてください。

     

    ぜひ、最後まで納得のいく就活をしてほしいと思っています!

    メディアハウスでは最後まで人事がフォローしながら

    選考を進めていきますので、不安や疑問があったら

    なんでもご相談してくださいね!

     

    引き続き人事ブログでは就活に役立つ情報をお届けします。

    次回の更新も、お楽しみに♪

  • 会社情報

    ホールディングス化の意味・メリットとは?~企業理解:企業形態を知る~

    こんにちは!

    メディアハウスの福島です。

     

    いきなりですが、【ホールディングス化】という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?

    近年、「○○ホールディングス」のような企業名に「ホールディングス」が付く企業が

    増えているので、一度は聞いたことがある方が多いのではないかなと思います。

    ちなみにメディアハウスもホールディングス化をしている企業となります。

     

    しかし、「聞いたことはあるけどホールディングス化の意味やメリットについては知らない」

    という方も皆さんの中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

    今回は、そんな方のためにホールディングス化についてご紹介したいと思います!

    ホールディングス化とは?

    ホールディングス化とは、「持株会社を株主とし、傘下の企業の管理や指導、

    あるいはグループ全体の戦略や経営方針の立案をできる組織体制にする」ことを指します。

    ちょっと難しいですよね。。

    ここで、メディアハウスの組織図を用いて具体的に説明したいと思います!

    実はメディアハウスも元々は「株式会社メディアハウス」という一つの会社で、

    事業内容ごとに部署が分かれているという形をとっていましたが、

    2016年4月にホールディングス化を行い今の組織体系となっています。

    メディアハウスでは、持株会社を「メディアハウスホールディングス」とし、

    事業内容ごとに「メディアハウスエージェンシー」などの事業会社を設立しています。

    現在はメディアハウスホールディングスがそれらの事業会社を含めたグループ全体の管理や、

    戦略立案を行っています。

    このように、持株会社が各事業会社の管理を行う組織体系にすることをホールディングス化といいます。

    ホールディングス化のメリットとは?

    続いて、ホールディングス化するメリットを3つご紹介します!

     

    ➀意思決定のスピードの向上

    ホールディングス化されていない場合、

    事業部内でなにかの意思決定をする際には一度経営幹部に話を通す必要があります。

    そのため、実際に行動に移すまでに時間がかかってしまいます。

    しかし、ホールディングス化を行い事業会社に意思決定の権利を与えることで、

    意思決定プロセスが短縮され、よりスピーディーな判断をすることが可能となります。

     

    ②グループ内での役割の明確化

    「持株会者ではグループ全体の経営、事業会社では事業活動」というように

    各社で役割を明確にすることで、それぞれが強みである領域に専念することが出来ます。

    メディアハウスでも経営はメディアハウスホールディングス、

    広告制作はメディアハウスクリエーション、

    人材支援事業はメディアハウスエージェンシーというように各社が分担し、

    それぞれが強みを発揮しています!

     

    ③他の企業を傘下に加えやすい体制

    ホールディングス化している場合、他社を買収する際には

    会社名や事業内容などを変えずにそのまま傘下に加えることが可能となります。

    そのため、スムーズに他社を迎え入れることができる体制となっています。

    実際にメディアハウスでは、2019年12月に「株式会社リンクル」という

    WEB領域に特化した企業が傘下に加わっていますが、

    事業内容や会社名は当時のままとなっています。

     

    以上、ホールディングス化について説明しました!

    難しい内容だったかもしれませんが

    少しでもホールディングス化について知ってもらえれば嬉しいです!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

     

    <参考URL>

    株式会社 船井総研ホールディングス

    「ホールディングス化とは?」
    https://www.funai-finance.com/basic/basicknowledge1031_2

  • 会社情報

    【福利厚生】メディアハウスの休暇制度についてご紹介!

    こんにちは!

    メディアハウスの福島です。

     

    4月もあっという間に過ぎ、明日からゴールデンウィークですね!

    みなさん、GWの過ごし方は決まっていますでしょうか?

    私は貯めていたドラマ・アニメを一気見しようと思っています!

    皆さんも体調には気をつけて過ごしてくださいね!

     

    さて、今回はGWも目前に迫っているということもあり、

    メディアハウスの休日休暇制度についてご紹介しようと思います!

     

    日々懸命に働いている社会人にとって「休日」は大切なもの。

    今回はメディアハウスの休日について特集します!

     

    まず初めにメディアハウスの年間休日数についてお伝えすると、

    1年間で「125日間」(※一部例外あり)休むことが出来、

    ここにさらに有給休暇が加わります。(新入社員には入社日に10日間与えられます)

    この数字を見て意外と多いなという印象を受けた方も多いのではないでしょうか。

    実際に日本の一般企業の中でもやや多い休日数となっています!

    (※平成31年・令和元年の日本の労働者1人あたりの休日数が116.0日(労働省調べ))

     

    続いてメディアハウスで取得できる長期休暇についてご紹介します。

    ➀GW休暇

    GW中に取得できるGW休暇です。

    私たちがまさに明日から取ろうとしている休暇ですね!

    こちらGW休暇という制度自体はないのですが、

    有給取得推奨日になっているところを各々が休暇取得して、

    長期休暇にしているというものになります。

    今年は難しいですが、例年では海外旅行に行く社員もいます。

     

    ②夏季休暇

    7月~9月の間に自由に取得できる休暇です。

    (※一部夏季休暇の日にちが既に決められている事業会社もあります)

    海水浴に行ったり、ハワイでバカンスしたり、なんて最高ですね!

     

    ③年末年始休暇

    年末年始はゆっくり過ごしたいですよね。

    もちろんメディアハウスには年末年始に取得できる休暇が用意されています!

    例年ではこの期間に実家に帰省する社員も多くいます。

     

    社会人になるとなかなか長期休みが取れないのではないかと思われがちですが、

    メディアハウスでは定期的に長期休みを取れる環境が整っています!

     

    最後に特別休暇についてご紹介します。

    ➀出産休暇

    女子社員の出産の際に与えられる休暇です。

    出産予定日の6週間前~出産後8週間まで休むことが出来ます。

     

    ②妻出産休暇

    男性社員の妻が出産する際に与えられる特別休暇です。

    2日間まで休むことが出来ます。

     

    ③育児・介護休暇

    社員が育児・介護に従事する際に与えられる特別休暇です。

    育児では1年間、介護では93日間休むことが認められています。

     

    メディアハウスでは、産休・育休を申請した全ての社員が休暇を取得しており、

    その中には男性の取得者も在籍しています。

    また、復帰後も活躍している社員が多く、復帰率も100%と復帰しやすい環境となっています。

     

    ④忌引き休暇

    家族に不幸があった際に与えられる特別休暇です。

    不幸があった人との関係性で取得可能日数が決まります。

     

    ⑤転勤休暇

    遠隔地への転勤の際に与えられる特別休暇です。

    単身赴任では最大2日間、家族同伴の場合は最大3日間休むことが可能です。

     

    上記以外でも、「婚姻休暇」や、「子の看護休暇」などの特別休暇が備わっています。

     

    以上、メディアハウスの休暇制度についてご紹介しました!

    メディアハウスは社員を大切に思っているからこそ、

    社員のプライベートも大切にする企業です。

    そんな気持ちが少しでも伝わってくれたら嬉しいです!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    更新をお楽しみに!

  • 会社情報

    新入社員向けの研修&取り組みのご紹介~経験学習モデル取得のためのWeekly report~

    こんにちは!

    人事の吉野です。

     

    私自身は、新年度初更新となります!

    前回、前々回は4月から人事に仲間入りした

    福島くんが早速ブログを書いてくれました。

     

    新たなメンバーが加わり、私自身もワクワクしています♪

    今後とも、メディアハウス人事ブログを

    よろしくお願いいたします。

     

    さて、本日は4月1日に入社した新卒5名が

    どのような取り組みをしているのかを、

    少しですがお届けできればと思います。

     

    今日は、社会人としてのスタンスを身に着ける

    「経験学習モデル」を習得するための取り組み、

    Weekly report に焦点を当ててお話します。

    ●入社前研修で学んだ「プロフェッショナルスタンス」

    3月31日のブログでもお伝えしましたが、

    入社前日に新卒5名(当時はまだ内定者)向けに

    プロフェッショナルの仕事の基本動作を身に着ける

    ための研修を実施しました。

     

    仕事で成果をだすための心構えや行動を、

    様々なワークを通して学んでいきます。

    当日はワークに苦戦しながらも、

    みなさん真剣に取り組んでくれました。

     

    その中で、仕事をする上で「成果を継続的に出す」

    ためにはPDCAサイクルを身に着けることが

    重要ということをお伝えしたのですが、

    この行動習慣を身に着けるための取り組みを

    人事主導で入社と同時にスタートさせました。

     

    それが、Weekly report です!

    ●Weekly report とは?

    Weekly reportは、週次の目標に対して

    達成できたか、できなかったかを振り返り、

    その原因を突き詰めることで改善点を見つけだし、

    新たな場面で行動に活かすためのプロセスを

    身に着けるためのレポートです。

     

    毎週金曜日に、週次の目標と振り返りを記入した

    ものを提出してもらい、人事・教育担当者が

    FBをしてブラッシュアップを続けていきます。

     

    このレポートを続けるうえで最も大切なのが、

    自らの行動をしっかりと振り返り、結果の原因を

    「なぜそうなったのか」を何回も繰り返しながら

    深堀りをしていくこと。

     

    なかなか普段の生活において、自分の行動に

    ついて深く振り返ったり原因を突き詰めることは

    ないので、これがなかなか難しいのです。

     

    しかし、根本的な原因を突き詰めることは、

    新たな学習方法を見つけ出すことにつながります。

     

    早いうちからこの行動習慣を身に着け、

    仕事で継続的に成果を出せるようになるよう、

    新卒たちは絶賛Weekly reportに奮闘中です!

    ●半年後にはフォロー研修を実施予定

    半年間のWeekly report の運用が終わったら、

    実際にPDCAサイクルなどの行動習慣が

    身についているかのフォロー研修を実施します。

     

    半年後、新卒のみんながどのように成長しているのか、

    今からとても期待でいっぱいです!

     

    研修が終わり、少しずつ実務に入ってくると

    忙しくなってくるとは思いますが、

    最後まで真剣にWeekly reportに取り組んで

    くれることを期待しています。

    ●実際にWeekly reportに取り組んでみて

    そんな私も、3年前の入社時には

    絶賛Weekly reportに奮闘中でした!

     

    最初のころは振り返りや原因の深堀りが

    なかなか上手にできず、FBでも厳しいお言葉を

    いただくことが多くありました。

     

    しかし、継続するにつれて行動習慣も身に付き、

    目の前の業務をうまく遂行するためにはどうするべきか、

    過去に失敗したことは次回どのように乗り越えるべきか、

    などを常に考えながら行動できるようになりました。

     

    大変なこと、悔しいこともたくさんありましたが、

    私はWeeklr reportに真剣に取り組んでよかったなと

    日々実感しています。

     

    広告を扱う上でも、PDCAを回すことは重要です。

    お客様にしっかりと効果をお返しできるように

    なるためにも、ぜひ新卒のみなさんには

    真剣に取り組んでもらいたいと思っています。

    ●企業の研修内容は要チェック!

    いかがでしたか?

    本日は、入社後の研修や教育に関して

    メディアハウスの一例をご紹介しました。

     

    企業選びの際には、入社後にどんなスキルが

    身に着けられるのか、どんな教育体制なのかを

    しっかり確認しておくことをおすすめします。

     

    自分のキャリアビジョンと照らし合わせ、

    ギャップのない企業を選んでください!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • レポート

    39期全社キックオフを開催!

    こんにちは!

    メディアハウスの福島です。

     

    新年度になり2週間が経ちましたね!

    皆さん、新年度のスタートダッシュは切れましたでしょうか?

    スタートダッシュを切れた方も、切れなかった方も

    体調に気を配りながら頑張っていきましょう!

     

    さて、前回は入社式の様子について紹介しましたが、

    今回は予告した通り全社キックオフについて紹介します!

     

    全社キックオフとは、全国の社員が一堂に会する特別な式典。

    例年は大きな会場を借りて対面にて行いますが、

    今年はコロナウイルスの影響により、初のオンライン開催となりました。

     

    私自身も初の全社キックオフということもあり、

    非常にワクワクした気持ちで参加しました。

    今回はそんなキックオフの様子をレポートします!

    ■初のオンライン開催となった全社キックオフ

    今回はカメラで撮影した映像をリアルタイムで共有するという形で実施しました。

     

    まずは弊社の制作部隊が作成したオープニングムービーで開幕。

     

    続いて、代表取締役と副社長からのメッセージ。

    今後のメディアハウスの展望についての話を聞き、

    私もその一員となって会社に貢献していきたいと決意を新たにしました。

    そして昇進者の紹介と、新入社員1人1人の挨拶。

    全社員に見られているということもあり、

    新入社員のみんなは緊張した様子でしたが、

    元気に明るく抱負を語ってくれました!

     

    最後に、1年を通して優秀な成績を収めた社員を称える「社長賞」の表彰。

    「社長賞」の中には、入社1年目が対象の「新人賞」、

    全プレイヤーが対象の「優秀プレイヤー賞」と「最優秀プレイヤー賞」、

    全マネージャーが対象の「最優秀マネージャー賞」、

    そして「最優秀スペシャリスト賞」があります。

    各受賞者には代表取締役から表彰状の授与と、トロフィーと花束が贈呈されました。

     

    その後の受賞者スピーチでは感極まり涙を流す社員もおり、

    この一年間相当な努力をされてきたのだろうなと非常に感動したとともに、

    私自身もさらに努力しなければいけないなという気持ちになりました。

     

    以上で無事閉式。

    初のオンライン開催となりましたが、

    大きなトラブルもなく終えることが出来ました。

     

    コロナウイルスの感染状況にもよりますが、

    来年こそは大きな会場で対面にて行えるといいな…と思っています!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、
    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、
    更新をお楽しみに!