media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

  • 就活アドバイス

    企業研究はどうやってやるの?~業界・企業研究のコツを知る~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近は台風の影響で気温の変化が激しいですね。

    体調を崩しやすい時期ですので、体調管理には気をつけていきましょう!

     

    さて、8月になり就職活動に向けて動き出した方も多いのではないでしょうか?

    その中で企業研究を行っている方もいらっしゃると思います。

     

    今回はそのような方たちに向けて、一歩踏み込んだ企業研究のポイントを皆さんにお伝えします!

    ➀”現在”だけではなく、”過去”と”未来”も理解しよう

    企業研究を行う上で、まずは業界のトレンドや、市場シェアなどを調べていくと思いますが、

    その際に現在の情報だけを調べるのではなく、過去未来についても調べることをお勧めします。

     

    その業界がどのような歴史を経て今の状態になったのか、

    今後どのような成長を遂げていくのか、を知ることは

    業界の安定性や成長性を把握することに繋がります。

     

    また、これからの業界の未来について理解することで、

    将来的にその業界で働くために求められる能力についても

    見えてくるのではないかと思います。

    ➁ビジネスモデルを理解しよう

    企業がどのようにして売り上げを立てているのかについて知ることで、

    業務の全体像を理解することができるだけでなく、

    自分が携わりたい仕事が業界全体のどのフェーズにあたるのか、

    理解することにもつながります。

     

    つまりは、具体的な業務内容を知ることにもつながってきますので、

    ビジネスモデルを把握しておくことをお勧めします!

    ③競合他社と比較をしてみよう

    皆さんも企業研究をする中で、企業の強みと弱みを調べていくと思います。

    ですが、業界の中には取り扱っている商材や、媒体、ビジネスモデルが

    似通っている企業が多く存在しますので、

    その企業の特徴が何なのか、見失ってしまうことがあるのではないでしょうか?

     

    そのような時は競合他社と比較していただきたいと思います。

    もし似通っていたとしても、全く同じということはなく、必ず”違い”があります。

    その違いが企業の強みや弱みなどの特徴になります。

     

    ですので、企業研究をする上で一つの企業だけを見るのではなく、

    複数の企業と比較することによって、

    企業の特徴を発見することができるのではないかと思います。

    ④企業が見据える未来を確認する

    現在、企業が行っている事業内容は時代の変化に合わせて

    大いに変化していく可能性があります。

     

    そのため、事業内容のみに魅力を感じて入社を決めた場合、

    入社後のミスマッチに繋がってしまいます。

     

    しかし、変化する可能性がある事業内容に対して、

    企業理念や企業が抱えている目的は絶対に変化することはありません。

     

    企業理念や長期的な目標に共感ができる企業に入社することが

    長く働くことにもつながると思いますので、

    是非とも企業が見据える未来にも目を向けてほしいと思います!

    企業研究は就職活動の第一歩!

    いかがでしたでしょうか?

     

    これから就職活動を始める方も、いま行っている方も、

    上記の4つのポイントを抑えて企業研究を行っていただけると

    嬉しいです!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    ペルソナとは?~広告におけるターゲティングの重要性~

    こんにちは!
    メディアハウス福島です。

     

    毎度オリンピックの話題で恐縮ですが、過去最多の金メダル数となりましたね!
    一方で、東京のコロナ感染者数も最多を更新してしまいましたが。。
    先行きが不安ではありますが、感染対策を徹底して乗り越えていきましょう!

     

    さて、最近は皆さんもオリンピック関連の広告を目にする機会が多いのではないでしょうか?

    そのような広告はむやみやたらに表示させているのではないか、

    と思っている方もいらっしゃると思います。

     

    実は、ほとんどの広告が制作する段階で、誰に表示させたいのか、

    広告を届けたいターゲットというものを明確に設定しています。

     

    そして、このターゲットを設定する上で、

    よく使用される手法が「ペルソナ設定」というものです。

     

    これは、人材を採用する際や、新商品を開発する際など、

    様々な場面で幅広く活用されています。

     

    ですので、今回は人材採用支援事業における

    「ペルソナ設定」についてご紹介したいと思います!

    採用におけるペルソナとは?

    人材採用における「ペルソナ設定」とは、

    「採用したい人物像を明確にする」ことです。

     

    人材採用においては、このペルソナ設定が非常に重要になります。

     

    なぜなら、欲しい人物像がしっかり固まっていないと、

    採用後のミスマッチに繋がってしまう可能性があるからです。

     

    ですので、あらかじめ求める人物像を設定しておくことで

    ミスマッチを防ぎ、効率よく人材を採用することが可能となります。

    ペルソナ設定の手順

    ここで、人材採用支援事業におけるペルソナの設定方法の一例をご紹介します。

     

    ➀求める人物像の条件を明確にする

    まずはお客様に対してヒアリングを行い、

    お客様が求める人物像や、適性などの条件を集めていきます。

     

    ➁実際に具体的な人物像を設定する

    ヒアリングした内容を元に、ペルソナ設定をする上で必要な項目を埋めていきます。

    基本的には下記の項目を使用することが多いです。

     

    ・基本情報(年齢、性別、居住地など)

    ・職業(業種・役職)

    ・現年収

    ・学歴(出身大学・学部)

    ・性格(価値観、思考)

    ・ライフスタイル(休日の過ごし方など)

    ・人間関係(既婚・独身、子供の有無、家族構成)

    ・趣味

     

    ここで重要になってくるのが、

    各項目を一人の人物像が浮かび上がるまで詳細に設定することです。

     

    例えば、「20~30歳、男性、営業経験あり」というように大まかに設定するのではなく、

    「26歳、男性、WEBマーケティング営業を3年経験、給料をUPさせたいと思っている」

    というように、より詳細に設定することが重要です。

     

    しかし、細かく設定しすぎて、実在しないような人物になっていないか、

    気をつけなければなりません。

     

    ですので、最低限どのような項目が必要なのかということを検討した上で

    ペルソナ設計を行うことが重要です。

    ペルソナ設定の手法は様々!

    いかがでしたでしょうか?

     

    今回ご紹介したペルソナ設定の仕方はごく一部の手法になりますので、

    気になる方は色々な方法を探してみてくださいね!

     

    また、弊社のインターンシップでは、

    ペルソナ設定をワークを通して体験することが出来ます。

    ご予約いただいている方は楽しみにお待ちいただければと思います!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    人事のつぶやき~私の社会人1年目を振り返る(後編)~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    東京オリンピックが開幕してから約1週間経過しましたが、

    日本代表はメダルラッシュですね!

    私は選手の方々のインタビューを聞いて毎日刺激をもらっています。

    皆さんも自分の目標に向かって頑張っていきましょう!

     

    さて、今回の人事ブログでお送りするのは、

    「私の社会人1年目を振り返る」の後編です!

     

    前編が気になるという方は下記リンクから見てみてくださいね!

    皆さんの中にも新卒社員がどのような仕事をするのか気になっている方

    が多いと思いますので、参考にしてみてください!

    研修を経て、いざ実務へ

    研修が一通り終わった後に、先輩社員にサポートしていただきつつ、

    実際にクライアントの広告運用を担当するようになりました。

     

    まずは「予算通りに配信が出来ているのか」、

    「事前に設定したターゲットや広告枠に表示されているのか」、

    「訴求文言が他社に見劣りしていないか」、

    等を確認しながら日々メンテナンスを行います。

     

    また、広告の成果が落ちてきた際には、

    効果を改善するための施策を考える必要がありました。

     

    私にとってはこの作業が非常に困難で、

    なかなか有効な施策を見つけることが出来ませんでした。

    よく先輩社員に相談して解決するようにしていました。

     

    ですが、大変だった半面、自分の講じた施策で効果を改善できた時は

    非常に嬉しかったのを覚えています。

     

    そして、11月頃からクライアントに広告運用の成果を共有するミーティングに

    参加するようになりました。

     

    ミーティングの中でお客様から

    「広告を出稿してから問い合わせが増えているよ」や、

    「問い合わせの質が上がったよ」

    などのお言葉を頂くことがありました。

     

    もちろんクライアントの方や、営業の方の尽力があってこそではありますが、

    自分も微力ながら貢献できたのではないかと実感することが出来ました。

     

    1年目の早い段階からお客様と近いところで業務に携わることが出来る点も

    メディアハウスの魅力の一つだと思っています。

     

    以上、私の社会人1年目についてご紹介しました。

     

    今回の内容を読んで、メディアハウスの1年目がどのような業務を行っているのか、

    少しでもイメージを抱いていただけたら嬉しいです!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • レポート

    撮影会を実施しました~「日本で一番多くの社員が登場するサイト」を目指して~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    今週、ようやく東京オリンピックが開幕となりますね!

    感染対策をしながら日本代表を応援しましょう!

     

    さて、メディアハウスでは先日コーポレートサイト用の

    撮影会が実施されました。

     

    ちなみに皆さんはメディアハウスのコーポレートサイトを

    ご覧になったことはありますでしょうか?

     

    弊社は「日本で一番多くの社員が登場するサイト」を目指していますので、

    ご覧になった方は多くの社員が掲載されているな、と

    感じていただけたのではないでしょうか?

     

    今回の人事ブログでは、簡単ではありますが、

    撮影会当日の様子をレポートいたします。

     

    当日は外部からカメラマンの方に来ていただき、

    メディアハウスクリエーションの社員のディレクションの元、

    撮影が執り行われました。

     

    まずは各フロアごとに仕事風景のカットを撮っていきます。

     

    「談笑をしている様子」や、

    「真剣な表情で話し合いを行っている様子」など

    複数のシチュエーションを撮影していきました。

     

    被写体の皆さんはやや緊張している様子でしたが、

    ディレクションの方の巧みな掛け声により

    徐々に自然な表情になっていきました。

     

    その後に、社員紹介用の個人撮影が行われました。

     

    皆さんお気に入りのビジネスアイテムを手に撮影に臨まれていました。

     

    ちなみに私も撮影してきました!

    初めてだったので非常に緊張しましたが、

    モデルになった気分で非常に楽しかったです!(笑)

    いかがでしたでしょうか?

    メディアハウスのホームページ作りの一部を

    お伝えできたのではないでしょうか?

     

    近々、メディアハウスのコーポレートサイトがリニューアルしますので

    楽しみに待っていただけると嬉しいです!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • インタビュー

    【第2弾】21新卒社員にインタビューしてきました!~初受注トピック~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近は真夏日の日も徐々に増えてきましたね。。

    熱中症にならないように細目に水分補給をしていきましょう!!

     

    さて、今回お送りするコンテンツは

    「21新卒社員にインタビューしてきました!」の第2弾です。

     

    第1弾では、リンクルの新入社員の声をお届けしましたが、

    今回はメディアハウスエージェンシーの新入社員にインタビューしてきましたので、

    その内容をご紹介したいと思います!

    Q1.今の仕事内容を教えてください。

    ★WEB求人広告の営業を行っています。

     

     

    今回は「インサイドセールス部」というIndeedをはじめとするWeb広告の提案や

    効果改善案を提案する部署の新卒社員にインタビューしています!

     

    インサイドセールス部について詳しく知りたい方は

    下記URLからチェックしてみてくださいね!

    Q2.初受注した瞬間の気持ちを教えてください。

    ★やっと会社の一員になれた気がしました。

    たくさんの方に「おめでとう」と言っていただけて

    とても嬉しかったです。

    何としても採用成功までサポートしたい!と思いました。

     

     

    改めまして、初受注おめでとうございます!!

    1年目の早い時期からクライアント様と接する機会が与えられるのも

    メディアハウスの良いところではないかと思います!

    Q3.受注するために何か工夫したことはありますか?

    ★お客様とこまめに連絡を取ることと、

    1つ1つ丁寧に対応することです。

     

     

    1年目のこの時期から自分なりに工夫して仕事を行えているのは素晴らしいですね!

    Q4.今の業務でやりがいや、大変に感じることは何ですか?

    ★新規のテレアポや効果改善など大変に感じることは多いですが、

    受注が決まったときや実際に運用が始まって応募が入ったときには

    とてもやりがいを感じます!

     

     

    実際に広告の効果が見えるとやりがいを感じるとのことですね!

    メディアハウスでは求人媒体をただ提案するのではなく、

    出稿後の効果改善や、サポートなども手厚く行っています。

    Q5.今の目標を教えてください。

    ★早く戦力になってチームの一員として活躍することです!

     

    大変なことは多々あるかと思いますが、何とか乗り越えてほしいですね!

    今後の活躍に乞うご期待!

    いかがでしたでしょうか?

     

    初受注した際の感想や、いま大変に感じていることなど

    営業職に配属となった新卒社員のリアルな声を

    お届けることが出来たのではないでしょうか?

     

    この機会にメディアハウスの営業職に

    興味を持ってくれたら嬉しいです!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • インタビュー

    21新卒のリンクル社員にインタビューしてきました!~新入社員の本音~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    7月となり2021年も半分が経過しましたね!

    残り半年も悔いが残らないように駆け抜けていきましょう!

     

    さて、今回は21新卒として今年の4月に入社したリンクル社員に

    インタビューをしてきましたので、その内容をご紹介したいと思います!

     

    入社してから3か月のフレッシュな声を皆さんにお届けします!

    Q1.今の仕事内容を教えてください。

    ★リスティング広告(検索連動型広告)やFacebook・TwitterなどのSNS広告の運用を日々行っています。

    Q2.今の業務の中で楽しい事や大変なことを教えてください。

    ★楽しいことは、自分の広告運用により明確な成果が出ることです。

    日々の成果を細かい数字で確認することできるのがWeb広告の特徴であり、

    自分の運用により数字が改善した時はとても嬉しいです。

    逆に、自分の施策で結果が出ないときは悩ましいです。

    (Yさん)

     

    ★成果が目に見える形(数値)で表れた時に仕事の楽しさを感じます。

    反対に、成果がなかなか表れないと大変だと感じます。

    (Iさん)

     

    ★アカウントの調整や、改善の施策が上手くいった時に楽しいと感じます。

    一方、悪化した原因を中々見つけられない時は大変さを感じます。

    (Mさん)

     

    自分の講じた施策が上手くいったときにやりがいや、楽しさを感じるとのことですね!

    その一方、効果検証から改善施策につなげることに苦労しているようです。。

    このフェーズは広告運用において、最も大変ではありますが

    一番の腕の見せ所になるところだと思います!

    Q3.リンクルにはどんな先輩が多いですか?

    ★年が近い先輩が多く、皆とても話しかけやすいです。

    分からないことがあったらすぐに聞きに行ける雰囲気があります。

    (Yさん)

     

    ★1を聞くと10返してくれる方がたくさんいます。

    (Iさん)

     

    ★どんな質問にも優しく答えてくれたり、

    丁寧に対応してくれたりする先輩が多いです。

    (Mさん)

     

    リンクルには親身になって話を聞いてくれる先輩社員が多いようですね!

    このように優しい社員が多い点もメディアハウスの魅力の1つではないかと思います。

    Q4.今の目標を教えてください。

    ★自分ひとりで持てる案件をもっと増やしたいです。

    今はまだ周りの先輩に手取り足取り教わっている状態ですが、

    早く成長して色々な案件を任せていただけるようになりたいです。

    (Yさん)

     

    ★担当している案件に関して誰よりも詳しくなることです。

    (Iさん)

     

    ★毎月の全体の目標である「目標CPA達成率60%」を個人でも達成することです。

    (Mさん)

     

    皆さん目標をしっかり定めて仕事を行っているようですね!

    今が一番大変な時期かと思いますが、各々の目標に向かって頑張ってほしいです!

    Q5.就活生の皆さんに一言アドバイスをください!

    ★数ある会社の中からたった一つの会社を選ぶのはとても大変だと思いますが、

    後悔のないように全力で取り組んでいただきたいです。

    (Yさん)

     

    ★為せば成る!どんな環境でも自分から積極的に動けば、

    物事はいい方向に向かっていくと思います。頑張ってください!

    (Iさん)

     

    ★タイピング練習は今のうちにしといたほうがいいです!頑張ってください!

    (Mさん)

    今後の彼らの活躍に乞うご期待!

    いかがでしたでしょうか?

     

    新入社員が今どんな思いを抱いて仕事を行っているのか、

    リアルな声をお届けすることが出来たのではないでしょうか。

     

    今回の内容が皆さんの就職活動の参考になれば嬉しいです!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    人事のつぶやき~私の社会人1年目を振り返る(前編)~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    梅雨入りしてなかなか天気が安定しない日々が続きますね。

    外出する際には傘をお忘れずに!

     

    さて、私もメディアハウスに入社してから1年と3か月が経過しました。

    体感ではあっという間だったなと感じております。

     

    今回はそんな私の1年目についてお話したいと思います!

    知識ゼロからスタートした社会人生活

    私の社会人生活はリンクルでスタートしました!

     

    私がメディアハウスから内定をいただいた時点では

    リンクルがメディアハウスの仲間に加わっていなかったので、

    自分がまさかリンクルに配属されることになるとは思っていませんでした。

     

    そのため、WEBマーケティングに関する勉強はほとんど行っておらず、

    知識が全くない状態でスタートすることとなります。

     

    最初は社内講義や、オンライン動画サービスを使って、

    WEBマーケティング用語などを覚えていきました。

     

    その中にはCPC(クリック単価)やCPA(成果単価)など

    似通った英単語3文字が複数あり、

    記憶力がない私は非常に苦労したのを覚えています。。

     

    その他には、お客様のサービスを理解するために必要な3C分析の演習や、

    リスティング広告において重要な「キーワードの選定」や「広告文言の作成」の研修、

    など広告運用を行う上で必要なことは研修を通して学んでいきました。

     

    また、人事管轄で行っていたWeekly reportというPDCAサイクルを身に着ける研修を

    同時進行で行っていました。

    Weekly reportについて気になる方は下記リンクから読んでみてくださいね!

    そして、徐々に研修に慣れてきて、

    先輩社員と一緒に広告アカウントを見るようになったのですが、

    ここで最初の壁にぶつかります。

     

    広告運用には正解というものはありません。

    ですが、お客様に対しては、

    なぜその調整を行ったのか、

    なぜその施策を行うのか、

    を論理的に説明する必要があります。

    そのため、調整の段階から根拠づけて行う必要があります。

     

    私も先輩社員の方に対して、根拠づけて説明する練習をしていたのですが、

    途中で論理が飛躍してしまったり、根拠が浅かったりして、

    なかなか最初のうちは納得してもらえない日々が続きました。

     

    ですが、フィードバック内容を活かして、数をこなしていくうちに

    徐々に順序だてて説明することができるようになっていきました。

     

    広告運用は非常に責任感のある仕事ですが、

    何通りもある調整方法から自分なりの調整方法を見つけることができるのも

    広告運用の魅力のひとつではないかなと思っています!

     

     

    以上、私の1年目の前半について紹介させていただきました。

     

    次回以降で後半についてもお話したいと思いますので、

    ご興味のある方は読んでいただけると嬉しいです!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    広告ってどうやって作られているの?~ビジネスプロセスを知る~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近、電車やテレビCMで日焼け止めやアイスクリームなど

    夏らしい広告を見かける機会が増えてきましたね!

     

    ちなみに、皆さんはそのような身近にある広告が

    どのような工程を経て制作されているのか、

    考えたことありますでしょうか?

     

    実は、広告が制作されるまでに大きく分けて6つの工程が存在します。

     

    今回はその工程を1つずつご紹介したいと思います!

    ➀探客

    広告というものは、広告を出したい広告主がいないと始まりません。

     

    ですので、まずは「人材不足」や「集客不振」などの

    課題を抱えているお客様を探すところから始まります。

    その手法は、テレアポや、飛び込み営業など企業によって様々です。

     

    そして、その方がどのような課題に困っているのか、ヒアリングします。

    ここで聞いた内容が広告の基盤となるので非常に重要です。

    ➁企画

    続いて、①でヒアリングした内容を元に課題の深掘りを行い、

    問題を引き起こしている根本的な原因を突き止めます。

     

    そして、その問題を解決するためには、

    どのような広告媒体がいいのか、

    広告費はいくら必要なのか、

    どのようなキャッチコピーがターゲットに刺さるのか、

    というように具体的に考えていきます

    ③提案

    ➁で企画した内容をお客様にプレゼンテーションします。
    ここはお客様と目線合わせをする重要な場となります。

     

    お客様と1対1で行う場合がほとんどですが、
    数社が競合している場合は“コンペ”という
    各代理店がプレゼンテーションを行う場合もあります。

     

    メディアハウスでは、探客~提案までの工程を

    メディアハウスエージェンシーや、メディアハウスプロモーション、

    リンクルの営業部隊が担当しています。

    ④制作

    営業部隊がお客様とすり合わせたコンセプトに従って、

    実際に形にしていきます。

    具体的にはコピーライティングや、デザイン、撮影などを行い、

    動画や、バナー画像、ホームページなどを制作します。

     

    メディアハウスではメディアハウスクリエーションが

    クリエイティブに関する仕事を全て担当しています。

    ⑤運用

    WEB広告の場合、運用という工程が生まれてきます。

     

    具体的には制作した広告が

    適切な広告枠に表示されているのか、

    お客様からいただいた予算通りに配信が出来ているのか、

    ターゲットに対して適切に表示できているのか

    を日々確認しながら調整を行います。

     

    メディアハウスでは、IndeedなどのWEB求人媒体の運用を

    メディアハウスエージェンシーが行い、

    それ以外のWEB広告はリンクルが運用しています。

    ⑥効果検証

    広告は「出して終わり」ではありません。

    なぜ成功したのか、なぜ効果が出なかったのか、

    の振り返りを行い、次の施策に繋げていきます。

    様々な業界のビジネスプロセスを知ろう!

    以上、広告の制作フローについてご紹介しました。

     

    企業によっては探客~提案までは自社で行うものの、

    制作は制作会社に委託するという形を取る広告代理店もありますし、

    メディアハウスのように探客~効果検証までの

    全ての工程を自社で完結させる企業もあります。

     

    ですので、そこに関しては皆さんの目標に合わせて、

    自分に合った広告代理店を見つけてほしいと思います!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • 採用情報 新着情報

    22新卒選考の2次エントリーを受付開始いたしました

    このたび、メディアハウスホールディングス

    22新卒選考の2次エントリーを受付開始いたしました。

     

    エントリーは、リクナビ2022より受け付けております。

    エントリー後は、弊社オンライン説明会を

    ご案内しております。

     

    ――――――――――――――――――――――

    【日時】

    6月30日(水)16:30~18:00

     

    【形式】

    オンライン(Google meetを使用)

     

    【参加方法】

    ①まずは、リクナビよりエントリーをお願いします。

     

    ②説明会申し込み画面より、詳細をご確認の上

    お申し込みください。

     

    ③説明会前日までに、OpenESのご提出をお願いします。

     

    ――――――――――――――――――――――

     

    今年度最後の募集の予定となっておりますので、

    ご興味のある方はぜひエントリーください。

     

    ご不明点等ございましたら、お気軽に

    下記までお問い合わせください。

     

    電話番号:03-5229-7171(人事直通)

    MAIL:22saiyo@mediahouse.co.jp

    人事グループ 新卒採用担当 吉野/福島

  • 就活アドバイス

    【第2弾】日常で飛び交うビジネス用語~社会人への心構え~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    先週まで夏らしい陽気となっていましたが、

    遂に関東も梅雨入りしましたね…

    ジメジメする日が続きますが、気持ちは晴れ晴れといきましょう!

     

    さて、今回お送りするコンテンツは、

    「社会人になるとよく耳にするビジネス用語」の第2弾です!

     

    今回ご紹介するのは、「KPI」と「KGI」についてです!

    一見非常に似通っていますが、意味合いは全く異なります。

     

    それぞれの意味や違いをご説明しますのでぜひ覚えてみてくださいね!

    KGI(重要目標達成指標)

    KGIとはKey Goal Indicatorの略で、

    ビジネス全体の最終的な目標のことを指します。

    例えば「売上高」、「売上総利益」などを指標として設定します。

    KPI(重要業績評価指標)

    KPIとはKey Performance Indicatorの略で、

    目標達成のためにプロセスが順調に進行しているのか、

    を図る指標のことを言います。

     

    KGIとして使用される指標は、組織や部門によってさまざまですが、

    営業では、営業案件数や、顧客単価、

    受注期間(営業をかけてから受注するまでの期間)

    を設定することが多いです。

     

    ちなみにインターネット広告では、

    広告がクリックされた回数(クリック数)や、

    申込数・お問い合わせ数(コンバージョン数)を

    KPIとして設定します。

    KPIとKGIの違いとは?

    では、KGIとKPIは何が違うのでしょうか?

     

    皆さんお気づきかもしれませんが、

    最終的な目標であるKGIを達成するための

    小さな目標がKPIとなります。

     

    例えば「売上を〇〇%UPさせる」というKGIを設定した場合、

    その目標を達成するためには、新規顧客の創出、

    客単価のUP、リピーターの獲得が必要となります。

    それらの3つの要素をKPIとして設定します。

     

    ビジネスにおいてはもちろん、広告業務においても、

    KPIとKGIをしっかり設定することが重要です!

    ビジネスにおいてKPIとKGIは必要不可欠!

    以上、KPIとKGIについてご紹介しました!

    社会人になると、KPIやKGI以外にも

    英単語3文字の略語を耳にする機会が増えると思います。

     

    興味のある方は今から少しずつ覚えていくと、

    社会人になったときに役立つことがあるかもしれませんね!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!