media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

  • 会社情報

    メディアハウスって何をしている会社なの?【後編】~事業内容を知る~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    本日メディアハウス本社では、インフルエンザの予防接種が行われました。

    今年は、コロナウイルスで2回、インフルエンザで1回と、3回も予防接種しました。。

    皆さんも、可能であれば予防接種を受けて、感染症予防をしましょう!

     

    さて、今回お届けするのは、先週に引き続き、メディアハウスの事業内容についてです!

    先週の内容に興味がある方は、下記リンクから見てみてくださいね!

    今回は「WEBマーケティング事業」と「広告制作事業」についてご紹介します!

    【WEBマーケティング事業】

    どんなことをしているかと言うと、

    お客様のWEBソリューション全体を見据えた戦略をご提案しています。

     

    例えば、SNS広告等のWEB広告を利用して、

    どのように店舗への来店数を増やすのか、

    どのようにイベントへの来客数を増やすのか、

    どのようにホームページへの流入数や、お問い合わせ数を増やすのか、

    について、日々戦略を練っています。

     

    また、ホームページに訪問したユーザーはどのような人物なのか、

    そのユーザーはターゲットに合っているのか、

    等のアクセス分析も行っています。

     

    WEB広告を見かける機会も非常に多いと思いますので、

    皆さんとは最も身近な領域なのではないかなと思います!

     

    取扱媒体としては、

    Google・Yahoo!のリスティング広告(検索連動型広告)や、ディスプレイ広告(バナー広告等)、

    Facebook・Instagram・Twitter等のSNS広告、

    その他にはSmartNewsなどのアプリ広告が挙げられます。

    そのため、ほぼ全てのWEB媒体を取り扱っています。

    【広告制作事業】

    ここでは、「人材採用支援事業」や、「集客販促支援事業」、

    「WEBマーケティング事業」の案件を実際に形にする、

    クリエイティブに特化した事業領域となります。

     

    どのようなことをしているかと言うと、

    企画立案・取材・コピーライティング・撮影・(WEB)デザイン等の

    トータルディレクションを行っています。

     

    例えば、ゼクシィ、タウンワーク、SUUMO、

    カーセンサー等の各種原稿の制作を行ったり、

    WEB広告をクリックした際に最初に表示される”ランディングページ”や、

    ホームページの制作、その他だと動画の制作等も行っています。

     

    ちなみに、ランディングページは、

    省略してLP(エルピー)と呼ぶことが多いです。

     

    また、その他には、ロゴデザインや、グッズのデザインも行っています。

     

    中規模の広告代理店では、

    独自の制作部隊を持っている企業はなかなか存在しないので、

    この点はメディアハウスの強みでもあります!

    各事業会社が連携してお客様をサポート!

    いかがでしたでしょうか?

     

    メディアハウスでは、各事業会社が連携をして、

    お客様の課題解決に向けて日々奔走しています。

     

    今回の内容を読んで、少しでもメディアハウスについて、

    理解を深めていただけていると嬉しいです!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    合同企業説明会に参加する際のポイントとは?~事前準備の重要性~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    現在、大型の台風16号が迫ってきていますね。

    メディアハウスでは10月1日に内定式を予定していまして、

    無事開催できるのか不安でいっぱいです。。

    皆さんも身の危険を感じたら無理はしないようにしてくださいね!

     

    さて、来週から10月となり、皆さんの中にも、

    「まずは合説(合同企業説明会)に参加してみよう」と

    思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

     

    今回の人事ブログでは、有意義な合説にするためのポイントをご紹介します!

    ①あらかじめスケジュールを立てておく

    合同企業説明会に参加するメリットとしては、

    今まで興味がなかった業界の企業と出会えることではありますが、

    何も準備せずに参加するのは時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

     

    そのため、前日のうちにどのような企業が出展しているのかをリサーチして、ある程度のスケジュールを立ててから臨んだ方がいいと思います。

     

    時間が余ったら目に留まった企業の説明を聞いてみるというスタンスが、

    時間を効率的に使うコツではないかと思います!

    ➁話を聞く企業について下調べを行う

    合説では、短時間で何回にも渡って説明を行うため、

    所々省いて説明している企業が多いです。

     

    そのため、「一度話を聞いただけではなかなか理解できなかった」

    ということも起こりうるのではないかなと思います。

     

    ですので、参加前に事前知識をインプットしておくことをお勧めします!

    前もって企業や業界について知っておくことで、

    説明を聞いている際により詳しく理解することが出来ると思います。

     

    また、下調べをしておくことで一歩踏み込んだ質問ができますので、

    人事担当の方に顔を覚えてもらえることもあるかもしれませんね!

    事前準備をして有意義な時間にしよう!

    いかがでしたでしょうか?

     

    合説は気軽に参加できるものである一方で、

    何も目的も持たずに参加してしまうと、

    無駄な時間になってしまうことが多いです。

     

    これから合説に参加される場合は、簡単でも構いませんので、

    事前準備をしてから参加してほしいと思います!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    広告業界に向いている人とは?~自分の適性を知る~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近は気温も下がってきて、徐々に秋に近づいている気がしますね!

    季節の変わり目は体調を崩しやすいので、体調管理には気を配りましょう!

     

    さて、皆さんも自己分析を行っている中で

    「自分はどの業界に向いているのだろう?」

    と悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか?

     

    今回の人事ブログでは、私が考える広告業界に向いている人の

    特徴をご紹介します!

    ➀変化を楽しめる人

    広告には“消費者に商品やサービスの特徴を伝えて認知させる”

    という目的がありますので、

    消費者の行動や心理を捉えることが非常に重要となります。

     

    しかし、それらは技術革新や、社会情勢などの

    外的要因に影響されやすいので、日々目まぐるしく変化します。

     

    例えば、メディアの普及によって色々なところから

    情報を得られるようになったことや、

    新型コロナウイルスにより外出する人が減少したことが

    挙げられます。

     

    そのため、消費者心理を理解するためには、

    日々変化する情報をキャッチアップする能力が必要となります。

     

    そのような変化に臨機応変に対応でき、

    その変化自体を楽しむことができる人が

    広告業界で活躍していけると思います!

    ➁好奇心旺盛な人

    広告業界の中には業界を絞って取引を行っている企業も一部ありますが、

    基本的にはさまざまな業界のクライアントと取引を行います。

     

    そのため、業界ごとの特徴や、商品・サービスの特徴など

    クライアントごとに情報をキャッチアップしていかなければなりません。

     

    広告の業務に携わる上で、クライアントの業界やサービスについて

    深く知る必要がありますので、

    好き嫌いせずに何事にも興味関心を持つことができる人は

    広告業界に向いているのではないかなと思います!

    ③粘り強い人

    広告は”世の中に発信して終わり”ではありません。

    むしろ、広告を出稿してからが広告マンの腕の見せ所といっても

    過言ではないかもしれません。

     

    広告は「正解のない商材」と言われていますので、

    世の中に発信した広告が成功した/成功に至らなかった原因を

    振り返り、次の施策に活かしていく必要があります。

     

    そのため、地道にコツコツとPDCAを回すことができる人こそが

    最適な広告を作り出すことができると思います!

    企業や業界によって、向き不向きは様々!

    いかがでしたでしょうか?

     

    広告業界に向いている人物像を挙げましたが、

    業界や企業によって求める人物像や適性は異なります。

     

    ですので、企業説明会や座談会などに参加して

    社員の方に直接聞いてみるのもアリかもしれませんね!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • レポート

    夏季1dayインターンシップを開催しました!

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    今日から9月が始まりましたが、

    皆さんは夏休みにインターンシップや就活イベントに参加しましたでしょうか?

     

    メディアハウスでも、7月から1dayインターンシップを随時開催してまして、

    先週ついに全7日程が終了いたしました!

     

    参加いただいた学生さんの協力もあり、

    特に大きなトラブルもなく終えることができました。

     

    今回の人事ブログでは、簡単ではございますが、

    インターンシップ当日の様子をレポートします!

    全日程【オンライン】にて実施

    昨年は新型コロナウイルスの影響により開催できませんでしたが、

    今年はオンラインにて実施しました。

     

    参加学生全員が初対面ということもあり

    皆さん緊張した面持ちで参加していました。

     

    まずは「業界研究をしよう」ということで、

    広告業界のトレンドやビジネスモデルについて説明しました。

    ここは基本的に座学のパートでしたが、

    全員がメモを取って聞いてくれていました。

     

    続いて、架空のコンビニやカフェをテーマにした

    求人広告制作ワークを体験していただきました。

     

    人事をクライアント(店長)として見立ててヒアリングをし、

    その内容を踏まえてペルソナ設定とキャッチコピー制作を行いました。

     

    事前準備→ヒアリング→ターゲティング(ペルソナ設定)→キャッチコピー制作

    までの流れを約1時間半という短い時間で行っていただいたため、

    時間に追われてしまうチームも多数ありましたが、

    締め切りが絶対の世界である広告業界の厳しさというのも

    体験していただけたのではないかなと思います。

     

    ですが、限られた時間の中でどのチームのキャッチコピーも

    ユーモアに溢れていて完成度が高いものばかりでした。

     

    このワークは各日程2回実施したのですが、

    1回目より2回目の方がよりペルソナやキャッチコピーの完成度が上がっており、

    大学生の吸収力の高さを実感いたしました。

     

    最後にプチ座談会を予定しておりましたが、

    時間の関係上実施できないことも多かったので、

    ここは来年以降の改善ポイントだと思っています。。

    秋・冬にも開催予定!

    いかがでしたでしょうか?

     

    メディアハウスの1dayインターンシップの様子をお伝えできていますと嬉しいです。

     

    まだ確定はしておりませんが、秋・冬にインターンシップを開催する予定です。

    こちらは決まり次第、人事ブログもしくはリクナビにて広報させていただきますので、

    楽しみにお待ちいただければと思います。

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 会社情報

    MVVとは?~企業の目指すべき未来を知る~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    私事にはなりますが、先週2回目のコロナウイルスのワクチン接種をしてきました。

    年齢が若い方は副反応が出やすいので、ワクチン接種をする際は気をつけてくださいね!

     

    さて、8月も終盤に差し掛かってきましたが、企業研究は順調に進んでいますでしょうか?

    企業研究をする中で「MVV」という言葉を何度か目にする機会があったのではないかと思います。

     

    「MVV」という言葉はあまり皆さんになじみがないものだと思いますので、

    今回の人事ブログでは企業が大切にしている考え方「MVV」についてご説明します!

    MVVとは?

    MVVとは企業の目指すべき姿を

    ミッション(Mission)ビジョン(Vision)バリュー(Value)

    の頭文字を取って謳っているものになります。

    ここで、MVVについて1つずつご紹介したいと思います。

     

    ➀Mission

    「その企業が何のために存在するのか?」、

    「最終的にどのようなことを実現させたいのか?」

    というように、企業の存在意義や長期的な目標のことを指します。

    他の企業では「企業理念」や「経営理念」とも呼ばれます。

     

    ➁Vision

    「どのような姿を目指しているのか?」、

    「どこに向かおうとしているのか?」

    というように、企業の未来の姿を表しています。

    Missionが不変なものであるのに対して、

    企業の内外の状況によって変化します。

     

    ③Value

    常日頃から仕事をする上で基準にしておきたい行動規範や価値観のことを言います。

    MVVの関係

    MissionとVisionの違いが分からないという方もいらっしゃると思いますので、

    それぞれの関係についてご説明します。

    上図はMVVピラミッドというもので、MVVの関係を表した図となります。

    上図のようにValueはVisionの土台となり、またVisionはMissionの土台となる関係性を持っています。

     

    つまり、Missionを達成するために、Visionを実現する必要があり、

    そのVisionを実現させるために行動規範としてValueが定められています。

    MVVは企業によって様々!

    いかがでしたでしょうか?

     

    就職活動を行う中で色々な企業のMVVを目にする機会があると思いますが、

    そのMVVに共感できるような企業を見つけてほしいと思います!

     

    ちなみにメディアハウスも独自のMVVを掲げていますので、

    興味のある方は下記リンクから見てみてくださいね!

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    企業研究はどうやってやるの?~業界・企業研究のコツを知る~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近は台風の影響で気温の変化が激しいですね。

    体調を崩しやすい時期ですので、体調管理には気をつけていきましょう!

     

    さて、8月になり就職活動に向けて動き出した方も多いのではないでしょうか?

    その中で企業研究を行っている方もいらっしゃると思います。

     

    今回はそのような方たちに向けて、一歩踏み込んだ企業研究のポイントを皆さんにお伝えします!

    ➀”現在”だけではなく、”過去”と”未来”も理解しよう

    企業研究を行う上で、まずは業界のトレンドや、市場シェアなどを調べていくと思いますが、

    その際に現在の情報だけを調べるのではなく、過去未来についても調べることをお勧めします。

     

    その業界がどのような歴史を経て今の状態になったのか、

    今後どのような成長を遂げていくのか、を知ることは

    業界の安定性や成長性を把握することに繋がります。

     

    また、これからの業界の未来について理解することで、

    将来的にその業界で働くために求められる能力についても

    見えてくるのではないかと思います。

    ➁ビジネスモデルを理解しよう

    企業がどのようにして売り上げを立てているのかについて知ることで、

    業務の全体像を理解することができるだけでなく、

    自分が携わりたい仕事が業界全体のどのフェーズにあたるのか、

    理解することにもつながります。

     

    つまりは、具体的な業務内容を知ることにもつながってきますので、

    ビジネスモデルを把握しておくことをお勧めします!

    ③競合他社と比較をしてみよう

    皆さんも企業研究をする中で、企業の強みと弱みを調べていくと思います。

    ですが、業界の中には取り扱っている商材や、媒体、ビジネスモデルが

    似通っている企業が多く存在しますので、

    その企業の特徴が何なのか、見失ってしまうことがあるのではないでしょうか?

     

    そのような時は競合他社と比較していただきたいと思います。

    もし似通っていたとしても、全く同じということはなく、必ず”違い”があります。

    その違いが企業の強みや弱みなどの特徴になります。

     

    ですので、企業研究をする上で一つの企業だけを見るのではなく、

    複数の企業と比較することによって、

    企業の特徴を発見することができるのではないかと思います。

    ④企業が見据える未来を確認する

    現在、企業が行っている事業内容は時代の変化に合わせて

    大いに変化していく可能性があります。

     

    そのため、事業内容のみに魅力を感じて入社を決めた場合、

    入社後のミスマッチに繋がってしまいます。

     

    しかし、変化する可能性がある事業内容に対して、

    企業理念や企業が抱えている目的は絶対に変化することはありません。

     

    企業理念や長期的な目標に共感ができる企業に入社することが

    長く働くことにもつながると思いますので、

    是非とも企業が見据える未来にも目を向けてほしいと思います!

    企業研究は就職活動の第一歩!

    いかがでしたでしょうか?

     

    これから就職活動を始める方も、いま行っている方も、

    上記の4つのポイントを抑えて企業研究を行っていただけると

    嬉しいです!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    広告ってどうやって作られているの?~ビジネスプロセスを知る~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近、電車やテレビCMで日焼け止めやアイスクリームなど

    夏らしい広告を見かける機会が増えてきましたね!

     

    ちなみに、皆さんはそのような身近にある広告が

    どのような工程を経て制作されているのか、

    考えたことありますでしょうか?

     

    実は、広告が制作されるまでに大きく分けて6つの工程が存在します。

     

    今回はその工程を1つずつご紹介したいと思います!

    ➀探客

    広告というものは、広告を出したい広告主がいないと始まりません。

     

    ですので、まずは「人材不足」や「集客不振」などの

    課題を抱えているお客様を探すところから始まります。

    その手法は、テレアポや、飛び込み営業など企業によって様々です。

     

    そして、その方がどのような課題に困っているのか、ヒアリングします。

    ここで聞いた内容が広告の基盤となるので非常に重要です。

    ➁企画

    続いて、①でヒアリングした内容を元に課題の深掘りを行い、

    問題を引き起こしている根本的な原因を突き止めます。

     

    そして、その問題を解決するためには、

    どのような広告媒体がいいのか、

    広告費はいくら必要なのか、

    どのようなキャッチコピーがターゲットに刺さるのか、

    というように具体的に考えていきます

    ③提案

    ➁で企画した内容をお客様にプレゼンテーションします。
    ここはお客様と目線合わせをする重要な場となります。

     

    お客様と1対1で行う場合がほとんどですが、
    数社が競合している場合は“コンペ”という
    各代理店がプレゼンテーションを行う場合もあります。

     

    メディアハウスでは、探客~提案までの工程を

    メディアハウスエージェンシーや、メディアハウスプロモーション、

    リンクルの営業部隊が担当しています。

    ④制作

    営業部隊がお客様とすり合わせたコンセプトに従って、

    実際に形にしていきます。

    具体的にはコピーライティングや、デザイン、撮影などを行い、

    動画や、バナー画像、ホームページなどを制作します。

     

    メディアハウスではメディアハウスクリエーションが

    クリエイティブに関する仕事を全て担当しています。

    ⑤運用

    WEB広告の場合、運用という工程が生まれてきます。

     

    具体的には制作した広告が

    適切な広告枠に表示されているのか、

    お客様からいただいた予算通りに配信が出来ているのか、

    ターゲットに対して適切に表示できているのか

    を日々確認しながら調整を行います。

     

    メディアハウスでは、IndeedなどのWEB求人媒体の運用を

    メディアハウスエージェンシーが行い、

    それ以外のWEB広告はリンクルが運用しています。

    ⑥効果検証

    広告は「出して終わり」ではありません。

    なぜ成功したのか、なぜ効果が出なかったのか、

    の振り返りを行い、次の施策に繋げていきます。

    様々な業界のビジネスプロセスを知ろう!

    以上、広告の制作フローについてご紹介しました。

     

    企業によっては探客~提案までは自社で行うものの、

    制作は制作会社に委託するという形を取る広告代理店もありますし、

    メディアハウスのように探客~効果検証までの

    全ての工程を自社で完結させる企業もあります。

     

    ですので、そこに関しては皆さんの目標に合わせて、

    自分に合った広告代理店を見つけてほしいと思います!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • イベント

    2021年夏季1dayインターンシップを開催します!~サマーインターンシップのメリットとは?~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    夏日の日も徐々に増えてきて、エアコンが恋しい季節となりましたね!

    温度管理には注意して体調を崩さないよう気をつけていきましょう!

     

    ここで、皆さんに1dayインターンシップについてご報告があります!

    昨年はコロナウイルスの影響で開催できませんでしたが、

    今年はオンライン形式で開催いたします!

     

    メディアハウス以外の企業も続々と情報を解禁していますが、

    皆さんの中にも「大学3年の夏休みにインターンに行く意味あるの?」と

    思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

     

    今回はそのような方たちのために、

    サマーインターンシップに参加するメリットについてご紹介いたします!

    メリット① 実務を体験できる

     

    インターンシップに参加する最大のメリットは何といっても、

    実務を体験できること

     

    実際の業務を肌で体験することで、

    自分にマッチした仕事なのか、

    自分がやりたい仕事は何なのか、

    を早い段階から見極めることが出来ます。

     

    ちなみにメディアハウスの1dayインターンシップでも、

    求人広告の営業&制作体験ができるプログラムをご用意しています。

     

    皆さんには実際にヒアリングから制作までを体験し、

    求人広告を制作していただきます。

     

    是非この機会に広告制作の楽しさを体感してみてください!

    メリット➁業界研究に活かせる

     

    四季報や、業界本を見て業界研究するのは正直大変ですよね。。

     

    そのように感じている方は、

    是非インターンシップを活用してみてください!

     

    どの企業のインターンシップでも、

    必ずと言っていいほど業界説明をするプログラムが含まれています。

     

    本よりも、リアルな生の情報をゲットできると思います!

     

    もちろんメディアハウスのインターンシップでも、

    広告業界のビジネスモデルや、

    最新トレンドをご紹介するコンテンツを予定しています!

    メリット③企業の社員と会える

     

    「採用ホームページを見てもなかなか社風がわからない。。」

    と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

     

    実際に社員と会話をすることで、

    会社の雰囲気を肌で感じることができる点も

    インターンシップのメリットの一つになります。

     

    メディアハウスの1dayインターンシップでも、

    現場社員と会話できる機会を設けており、

    ワークで制作した広告に対してフィードバックがもらえます!

     

    現場社員からフィードバックをもらえるのは、

    貴重な機会だと思いますので、是非この機会に参加してみてください!

    サマーインターンシップを上手く活用しよう!

    いかがでしたでしょうか?

    サマーインターンシップに参加するメリットについてご紹介しました。

     

    今回の人事ブログを読んで、

    「メディアハウスの1dayインターンシップに参加したい!」

    と少しでも思ってくれていたら嬉しいです!

     

    また、今年はオンライン開催ということもあり、

    東京以外の大学に通われている方も参加しやすいと思いますので、

    是非お気軽にお申込みください!

     

    今年も多くの学生さんからお申込みいただいており、

    徐々に参加枠が埋まってきていますのでお早めにご予約くださいね!

    1dayインターン詳細

    【開催場所】

    オンライン(Google meet)で開催いたします

     

    【開催日程】

    7/27(火)・7/29(木)

    8/2(月)・8/4(水)・8/6(金)

    8/23(月)・8/25(水)

     

    【対象】

    23卒向け(大学1・2年生も参加可能です)

     

    文系・理系不問

     

    各回 12:00~18:00(予定

  • 就活アドバイス

    広告代理店にはどんな種類があるの?~企業理解:競合他社を知る~

    こんにちは!
    メディアハウス福島です。

     

    いきなりですが、皆さんは広告業界にどのような種類の
    企業があるのか考えたことはありますでしょうか。
    一口に広告業界と言っても、広告代理店や
    広告制作会社など様々な種類があります。

     

    今回はその中の一つ、広告代理店の種類についてご紹介します!

    ●広告代理店の種類とは?

    広告代理店は大きく分けて3つの種類がありますので、
    1つずつご説明したいと思います。

     

    ①総合広告代理店

    紙媒体やWEB媒体などのほぼ全ての広告媒体を取り扱っており、
    企画から制作、またその先の運用までを一気通貫で行うことが
    できる広告代理店のことを指します。

     

    ちなみにメディアハウスも総合広告代理店に属します!

     

    あらゆる広告媒体を取り扱っているので
    クライアントの幅広い要望に応えることができ、
    複数の広告媒体をまたいだプロモーションが

    出来るのが大きな特徴です。

     

    例えば、テレビ広告や雑誌広告で幅広く商品の認知を図りつつ、
    リスティング広告(検索連動型広告)でその商品を検索した消費者を
    最終的な目標の購買へ誘導するという戦略を企てることができます。

     

    ②専門広告代理店

     

    特定のメディアに特化した広告代理店のことを指します。
    例えばインターネット広告代理店もここに含まれます。

     

    特徴としては、WEB領域などのある特定の領域のノウハウや
    知識を豊富に持っている点が挙げられます。

    そのため、ある特定の広告媒体のみでプロモーションを図る場合は、
    より効率的な戦略を企てることが可能です。

     

    ちなみに2019年にメディアハウスの傘下に加わった
    株式会社リンクルも元々はインターネットに特化した

    専門広告代理店で、現在はインターネット領域の知識や

    ノウハウをメディアハウス全体に浸透させてくれています!

     

    ③ハウスエージェンシー型広告代理店

     

    総合広告代理店と同様に幅広い広告媒体を

    取り扱うことができますが、基本的には親会社や

    グループ会社のプロモーションをするために
    設立された広告代理店のことを指します。

     

    しかし、近年では親会社だけでなく、
    他社のプロモーションを担当する企業も増えてきています。

     

    ●競合他社を研究してみよう!

    以上、広告代理店の種類をご紹介しました。

    ぜひ、今回紹介した代理店の種類にあてはまる企業を探して、

    皆さんのやりたいことや、将来の目標に合わせて自分に合った

    広告代理店を見つけてみてください!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っています。

     

    次回の更新をお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    業界・企業選びに困ったときは?~つまづいた時に立ち返りたいポイント~

    こんにちは!

    人事の吉野です。

     

    ついに今年も残すところあと1か月!

    あっという間に今日まで駆け抜けてきたような気がします。

     

    年が明けたら、数か月でいよいよ就職活動も本格化。

    そんな中、「自分はどんな仕事がしたいのだろう…

    どんな企業に行きたいのかな…」など、

    まだ気持ちが固まり切っていない方もいるかと思います。

     

    今日は、そんな業界・企業選びに困ったときに

    確認すべきポイントをご紹介したいと思います。

     

    今一度自分自身と向き合い、この機会にじっくり考えて

    自分に本当にあった仕事・企業を見つけましょう!

    【1】「好き・得意」だけでなく「嫌い・苦手」を知る

    「好きなこと、得意なことを仕事にしたい」と

    考える人はとても多いと思います。

     

    しかし、「好き・得意」に目線が行き過ぎてしまい、

    自分の「嫌い・苦手」には目をつぶってしまいがちです。

     

    「嫌い・苦手」をないがしろにすると、せっかく企業に入社しても

    こんなはずじゃなかった…

    自分の好きが嫌いに変わってしまった…

    といった風にギャップが起こりかねません。

     

    また、自分がやりたいことが明確にわからない場合は、

    自分の「嫌い・苦手」なことを排除していき、

    自分が本当にやりたいことを見つけ出す、という方法もあります。

    そのためにも、「好き・得意」ばかりに目を向けず、

    しっかり「嫌い・苦手」にも向き合いましょう!

    【2】未来のありたい姿から逆算する

    今すぐにやりたいことが見つからない場合は、

    将来ありたい姿、なっていたい姿」をイメージし、

    実現させるためにはどんなスキル、職場環境が必要かを

    逆算しながら考えてみましょう!

     

    例えば、具体的な仕事内容などはまだイメージできて

    いなくても、魅力的な社員たちと一緒に働くことで

    自分を成長させ続けたい、という展望があったとしたら、

    「社風」や「組織・風土」などの観点から企業選びを

    すると自分の未来のありたい姿に近づけそうですね。

     

    こういったように、今明確にやりたいことが見つからなくても、

    3年後、5年後、10年後にどうありたいかをイメージすることで

    自分にあった企業や仕事内容が見えてくるものです。

     

    就職活動の時だけでなく、社会人になってからも

    キャリアイメージを考え続けることは大切です。

    過去・現在・未来を見据えて、自分のやりたいことを

    更新し続けてみましょう。

    【3】「就職人気ランキング」に惑わされない

    就活について色々調べていると、

    就職人気ランキング」や「働きやすい会社データ

    など様々な情報が見つかるかと思います。

     

    あくまでこれらのデータやランキングは、

    第3者が作成したものであり【参考にする】ものです。

    惑わされすぎて、自分が本当にやりたいことや自分の本質を

    見失わないように気を付けてください。

     

    これらのランキング上位にある業界・企業が、

    必ずしも自分に合っているものであるとは限りません。

     

    とはいえ、もちろんこれらの情報は就職活動をする上で

    有益なものに変わりはないので、あくまで参考程度に

    しながら業界・企業選びをしてみてください。

    ●一般論に惑わされず、自分にあった就活を!

    就職活動は、他者と競い合ってするものではなく、

    自分自身にどう向き合っていくかがポイントです。

     

    周りと自分を比べて、焦る必要はありません!

     

    不安なこと、心配なことはこの機会にじっくり向き合って

    解消し、本当に自分がやりたいことを見つけ、

    それが実現できる企業を探していきましょう。

     

    メディアハウスHRブログでは、

    今後も就活お役立ちアドバイスをお届けしていきます!

     

    採用LINEからのお問合せも受け付けておりますので、

    興味がありましたらぜひお友達登録をお願いします。

     

    それでは、次回の更新もお楽しみに!