media house
COPYRIGHT (C)MEDIAHOUSE GROUP CO., LTD.
  • line
t1 t1

人事ブログ

  • 就活アドバイス

    就活でこの時期にやっておくべきこと3選~就活成功への極意~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    ようやく冬が到来しましたね!

    この時期はイベントが多いかと思いますので、

    羽目を外しすぎない程度に楽しみましょう!

     

    さて、このブログに足を運んでくれる方の中には、

    これから就活を始めようと思っている大学3年生の方も

    多くいらっしゃるかと思います。

     

    「そろそろ就活を始めようかなと思っているけど、

    正直何から手を付ければいいか分からない!」、

    と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

     

    今回の人事ブログでは、そんな皆様のために

    就活において今の時期にやっておくべきことをご紹介したいと思います!

    ①自分自身について知ろう!

    よく就活において自己分析は大事だと耳にすることがあるかと思いますが、

    なぜ重要なのか分からなかったりしますよね。

     

    最も大きな理由としては、入社後のミスマッチを防ぐためです。

     

    自己分析をせずに何となくで働く企業を決めてしまうと、

    「思っていた仕事のイメージと違うな…」

    「自分には向いていないのかもしれない…」

    と入社した後に感じてしまう可能性が高いです。

     

    「自分はどこに強みを持っているのか」、

    「どのような作業をしている時に幸せだと感じるのか」

    等について事前に把握しておくことで、

    自分に合った仕事を見つけることができると思います。

     

    下記リンクにて、その他の自己分析が重要な理由や方法が載っていますので、

    是非ご覧ください!

    この時期に自分自身について深く知っておくと、

    エントリーシートを書く際や、面接練習をする際にも、

    上手く自分を表現することができるかと思いますので、

    是非時間を見つけて取り組んでみてくださいね。

    ②色々な業界の企業説明会や、インターンシップに参加しよう!

    皆さんも業界研究をする際には、四季報やネットで調べるかと思います。

    ですが、そこで得られる情報には限界がありますし、

    間違った情報が含まれている可能性もあります。

     

    ですので、実際にインターンシップや、

    企業説明会に参加して人事と話してみることをお勧めします。

     

    実際に触れ合うことによって、

    「興味のある業界や企業で働く人はどのような人が多いのか」

    「その企業の雰囲気は自分に合うのか」

    等、文字では得られない情報を肌で感じ取ることができると思います。

     

    また、やりたいことが明確に決まっている方は、

    業界を絞ってしまっても問題ないですが、

    まだ軸が定まっていない方は業界を絞ってしまうと、

    自分の可能性を狭める可能性があります。

     

    まだ就活を始めたばかりという方は、

    視野を広げるという意味でも様々な業界に視野を広げてみてくださいね。

    ③SPIの対策をしよう!

    多くの企業が面接前の選考として取り入れているSPI。

     

    面接前に落ちてしまっては、もったいないですよね。

     

    SPIは事前に準備すること大きく点数を上げることができますので、

    早めにテキストや問題集を買って勉強を始めることをお勧めします。

     

    年明け以降はエントリーシートの準備で時間を取れないことが多くなり、

    勉強の時間を確保することが難しくなりますので

    時間に余裕があるうちから準備してみてくださいね。

    事前準備をして、最高の就活スタートを!

    就活において年明け前にやるべきことをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

    是非参考にしていただけると嬉しいです。

     

    もし同時に3つ実施するのが難しいという場合は、

    自己分析⇒業界研究⇒SPI対策の順番で取り組んでみてください。

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けします。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    オンライン面接だからこその注意点~面接への心構え~

    こんにちは!
    メディアハウス福島です。

     

    2021年も残り2か月を切りましたね!
    悔いが残らないように最後まで駆け抜けましょう!

     

    さて、11月となり、皆さんの中にも、
    早期選考で面接を経験された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

     

    コロナ禍が収まりつつあるとはいえ、
    23年新卒の選考でも面接をオンライン上で行う企業も多数あるかと思います。

     

    そこで、今回の人事ブログでは私が22年新卒選考を通して感じた、
    オンライン面接だからこそ気を付けるべき点をご紹介します!

     

    是非参考にしていただけると嬉しいです!

    ①ハキハキ話すことを意識しましょう!

    オンライン面接では通信環境や接続状況の影響により、
    声が聞こえづらくなることが多々あります。

     

    自分はいつも通り話しているつもりでも、
    「この子の話は聞き取りずらいな…」
    「この子は活舌が悪い子だな…」
    と思われてしまったら、もったいないですよね。

     

    ですので、オンライン面接中は対面で話す時よりも、
    ハキハキと話すことを意識しましょう!

     

    また、マイク付きのイヤホンを使用することで、
    パソコンのスピーカーよりも鮮明に声を伝えられるようになりますので、
    是非試してみてくださいね!

    ②カンペを見ながら話さないようにしましょう!

    台本を作って面接に臨むことは決して悪いことではありません。

     

    ですが、パソコンの隅にカンニングペーパーを貼ったり、
    手元に用意したりして、それを読みながら質問に答えるのはNGです。

     

    なぜなら、台本を読んで話していると、
    視線の動きから簡単に見破られてしまうからです。

     

    面接は自分の言葉で話すことができているのか、
    について確認する場となりますので、
    どんなに素晴らしい志望動機などを話していたとしても、
    マイナス評価につながってしまうかと思います。

     

    そのため、伝えたいことは事前に頭の中に入れておいて、
    手元に用意するとしてもメモ程度に留めておきしょう!

    ③通信トラブルの時こそ落ち着きましょう!

    どんなに気を付けていたとしても、
    途中で接続が切れるなどの通信トラブルが起こり得ります。

     

    その際に取り乱した反応をしてしまって、
    トラブルへの対応力がないと判断されてしまっては、
    もったいないですよね。

     

    ですので、通信トラブルが発生した際には、
    むしろ対応力をアピールするチャンスだと思って、
    落ち着いて対応しましょう。

     

    対処方法としては、以下の手順を参考にしてみてください。

    1.通信不具合が生じたことをメールか、電話で人事担当者に伝えます。
    2.パソコンを再起動して面接のURLに入り直します。
    3.それでも解決できなそうであれば、人事担当者に現在の状況を伝えて指示を仰ぎましょう。

    十分な準備をしてから臨みましょう!

    大学の授業がオンライン化しているとはいえ、
    オンライン上で面接を実施することにはなかなか慣れないかと思います。

     

    ですので、友達同士で何度も練習を重ねるなどして、
    面接の場で自分自身を最大限にアピールできるようにしましょう!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や
    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    合同企業説明会に参加する際のポイントとは?~事前準備の重要性~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    現在、大型の台風16号が迫ってきていますね。

    メディアハウスでは10月1日に内定式を予定していまして、

    無事開催できるのか不安でいっぱいです。。

    皆さんも身の危険を感じたら無理はしないようにしてくださいね!

     

    さて、来週から10月となり、皆さんの中にも、

    「まずは合説(合同企業説明会)に参加してみよう」と

    思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

     

    今回の人事ブログでは、有意義な合説にするためのポイントをご紹介します!

    ①あらかじめスケジュールを立てておく

    合同企業説明会に参加するメリットとしては、

    今まで興味がなかった業界の企業と出会えることではありますが、

    何も準備せずに参加するのは時間の無駄になってしまう可能性が高いです。

     

    そのため、前日のうちにどのような企業が出展しているのかをリサーチして、ある程度のスケジュールを立ててから臨んだ方がいいと思います。

     

    時間が余ったら目に留まった企業の説明を聞いてみるというスタンスが、

    時間を効率的に使うコツではないかと思います!

    ➁話を聞く企業について下調べを行う

    合説では、短時間で何回にも渡って説明を行うため、

    所々省いて説明している企業が多いです。

     

    そのため、「一度話を聞いただけではなかなか理解できなかった」

    ということも起こりうるのではないかなと思います。

     

    ですので、参加前に事前知識をインプットしておくことをお勧めします!

    前もって企業や業界について知っておくことで、

    説明を聞いている際により詳しく理解することが出来ると思います。

     

    また、下調べをしておくことで一歩踏み込んだ質問ができますので、

    人事担当の方に顔を覚えてもらえることもあるかもしれませんね!

    事前準備をして有意義な時間にしよう!

    いかがでしたでしょうか?

     

    合説は気軽に参加できるものである一方で、

    何も目的も持たずに参加してしまうと、

    無駄な時間になってしまうことが多いです。

     

    これから合説に参加される場合は、簡単でも構いませんので、

    事前準備をしてから参加してほしいと思います!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • レポート

    2021年夏・長期インターンシップを開催いたしました!

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    先日メディアハウスでは、毎年提携大学様と連携して実施している

    長期インターンシップを開催いたしました。

    今年も去年に引き続き、全日程オンラインでの実施となりました。

     

    今回の人事ブログでは簡単ではありますが、

    長期インターンシップの様子をレポートします!

    ●メディアハウスの求人広告を実際に制作!

    例年、メディアハウスの長期インターンシップでは、

    弊社内にある部署の求人広告を制作いただき、

    実際に掲載した後に効果検証まで行っておりますが、

    今年も「フロムエーナビ」という求人媒体の原稿を制作しました。

     

    1・2日目は架空のコンビニやベンチャー企業を題材に

    求人広告制作の練習を行いました。

     

    3日目以降の本番に向けて、ヒアリングのコツや、

    ペルソナの設定の仕方、キャッチコピーの作り方など

    求人広告制作の基礎を学んでいただきました。

     

    3日目はついに本番の日。

     

    まずは求人広告を掲載する部署のマネージャーにヒアリングを行いました。

     

    1・2日目に人事を相手に練習は行っていたものの、

    現場社員を相手にヒアリングを行うのは緊張したと思います。

    ですが、皆さん物怖じせずに積極的に質問していました。

     

    そして、ヒアリングした内容を元にペルソナを設定し、

    キャッチコピーとリード文の作成、写真の選定まで行っていただきました。

     

    何度も修正を繰り返しながら4日目の午前に何とか完成いたしました。

    限られた時間の中で、どのチームも素晴らしい広告を作り上げていました。

     

    5日目は1週間掲載した後に効果検証まで行いました。

    求職者に何回表示されたのか・何回クリックされたのか・何件の応募があったのか、

    というデータと、弊社の現場社員によるフィードバックを元に

    改善施策まで考えていただきました。

     

    そのため、5日間を通して、参加した皆さんには広告制作の一部始終を

    体験いただけたのでないかと思います!

    来年も開催予定!

    オンライン開催で不便な部分も多々あったかと思いますが、

    皆さん最後まで真剣に取り組まれていて、

    私たちも非常に嬉しい気持ちになりました。

     

    来年こそは対面にて実施できたらな…と思っています!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    広告業界に向いている人とは?~自分の適性を知る~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近は気温も下がってきて、徐々に秋に近づいている気がしますね!

    季節の変わり目は体調を崩しやすいので、体調管理には気を配りましょう!

     

    さて、皆さんも自己分析を行っている中で

    「自分はどの業界に向いているのだろう?」

    と悩んでいる方も多くいるのではないでしょうか?

     

    今回の人事ブログでは、私が考える広告業界に向いている人の

    特徴をご紹介します!

    ➀変化を楽しめる人

    広告には“消費者に商品やサービスの特徴を伝えて認知させる”

    という目的がありますので、

    消費者の行動や心理を捉えることが非常に重要となります。

     

    しかし、それらは技術革新や、社会情勢などの

    外的要因に影響されやすいので、日々目まぐるしく変化します。

     

    例えば、メディアの普及によって色々なところから

    情報を得られるようになったことや、

    新型コロナウイルスにより外出する人が減少したことが

    挙げられます。

     

    そのため、消費者心理を理解するためには、

    日々変化する情報をキャッチアップする能力が必要となります。

     

    そのような変化に臨機応変に対応でき、

    その変化自体を楽しむことができる人が

    広告業界で活躍していけると思います!

    ➁好奇心旺盛な人

    広告業界の中には業界を絞って取引を行っている企業も一部ありますが、

    基本的にはさまざまな業界のクライアントと取引を行います。

     

    そのため、業界ごとの特徴や、商品・サービスの特徴など

    クライアントごとに情報をキャッチアップしていかなければなりません。

     

    広告の業務に携わる上で、クライアントの業界やサービスについて

    深く知る必要がありますので、

    好き嫌いせずに何事にも興味関心を持つことができる人は

    広告業界に向いているのではないかなと思います!

    ③粘り強い人

    広告は”世の中に発信して終わり”ではありません。

    むしろ、広告を出稿してからが広告マンの腕の見せ所といっても

    過言ではないかもしれません。

     

    広告は「正解のない商材」と言われていますので、

    世の中に発信した広告が成功した/成功に至らなかった原因を

    振り返り、次の施策に活かしていく必要があります。

     

    そのため、地道にコツコツとPDCAを回すことができる人こそが

    最適な広告を作り出すことができると思います!

    企業や業界によって、向き不向きは様々!

    いかがでしたでしょうか?

     

    広告業界に向いている人物像を挙げましたが、

    業界や企業によって求める人物像や適性は異なります。

     

    ですので、企業説明会や座談会などに参加して

    社員の方に直接聞いてみるのもアリかもしれませんね!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    ペルソナとは?~広告におけるターゲティングの重要性~

    こんにちは!
    メディアハウス福島です。

     

    毎度オリンピックの話題で恐縮ですが、過去最多の金メダル数となりましたね!
    一方で、東京のコロナ感染者数も最多を更新してしまいましたが。。
    先行きが不安ではありますが、感染対策を徹底して乗り越えていきましょう!

     

    さて、最近は皆さんもオリンピック関連の広告を目にする機会が多いのではないでしょうか?

    そのような広告はむやみやたらに表示させているのではないか、

    と思っている方もいらっしゃると思います。

     

    実は、ほとんどの広告が制作する段階で、誰に表示させたいのか、

    広告を届けたいターゲットというものを明確に設定しています。

     

    そして、このターゲットを設定する上で、

    よく使用される手法が「ペルソナ設定」というものです。

     

    これは、人材を採用する際や、新商品を開発する際など、

    様々な場面で幅広く活用されています。

     

    ですので、今回は人材採用支援事業における

    「ペルソナ設定」についてご紹介したいと思います!

    採用におけるペルソナとは?

    人材採用における「ペルソナ設定」とは、

    「採用したい人物像を明確にする」ことです。

     

    人材採用においては、このペルソナ設定が非常に重要になります。

     

    なぜなら、欲しい人物像がしっかり固まっていないと、

    採用後のミスマッチに繋がってしまう可能性があるからです。

     

    ですので、あらかじめ求める人物像を設定しておくことで

    ミスマッチを防ぎ、効率よく人材を採用することが可能となります。

    ペルソナ設定の手順

    ここで、人材採用支援事業におけるペルソナの設定方法の一例をご紹介します。

     

    ➀求める人物像の条件を明確にする

    まずはお客様に対してヒアリングを行い、

    お客様が求める人物像や、適性などの条件を集めていきます。

     

    ➁実際に具体的な人物像を設定する

    ヒアリングした内容を元に、ペルソナ設定をする上で必要な項目を埋めていきます。

    基本的には下記の項目を使用することが多いです。

     

    ・基本情報(年齢、性別、居住地など)

    ・職業(業種・役職)

    ・現年収

    ・学歴(出身大学・学部)

    ・性格(価値観、思考)

    ・ライフスタイル(休日の過ごし方など)

    ・人間関係(既婚・独身、子供の有無、家族構成)

    ・趣味

     

    ここで重要になってくるのが、

    各項目を一人の人物像が浮かび上がるまで詳細に設定することです。

     

    例えば、「20~30歳、男性、営業経験あり」というように大まかに設定するのではなく、

    「26歳、男性、WEBマーケティング営業を3年経験、給料をUPさせたいと思っている」

    というように、より詳細に設定することが重要です。

     

    しかし、細かく設定しすぎて、実在しないような人物になっていないか、

    気をつけなければなりません。

     

    ですので、最低限どのような項目が必要なのかということを検討した上で

    ペルソナ設計を行うことが重要です。

    ペルソナ設定の手法は様々!

    いかがでしたでしょうか?

     

    今回ご紹介したペルソナ設定の仕方はごく一部の手法になりますので、

    気になる方は色々な方法を探してみてくださいね!

     

    また、弊社のインターンシップでは、

    ペルソナ設定をワークを通して体験することが出来ます。

    ご予約いただいている方は楽しみにお待ちいただければと思います!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    人事のつぶやき~私の社会人1年目を振り返る(後編)~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    東京オリンピックが開幕してから約1週間経過しましたが、

    日本代表はメダルラッシュですね!

    私は選手の方々のインタビューを聞いて毎日刺激をもらっています。

    皆さんも自分の目標に向かって頑張っていきましょう!

     

    さて、今回の人事ブログでお送りするのは、

    「私の社会人1年目を振り返る」の後編です!

     

    前編が気になるという方は下記リンクから見てみてくださいね!

    皆さんの中にも新卒社員がどのような仕事をするのか気になっている方

    が多いと思いますので、参考にしてみてください!

    研修を経て、いざ実務へ

    研修が一通り終わった後に、先輩社員にサポートしていただきつつ、

    実際にクライアントの広告運用を担当するようになりました。

     

    まずは「予算通りに配信が出来ているのか」、

    「事前に設定したターゲットや広告枠に表示されているのか」、

    「訴求文言が他社に見劣りしていないか」、

    等を確認しながら日々メンテナンスを行います。

     

    また、広告の成果が落ちてきた際には、

    効果を改善するための施策を考える必要がありました。

     

    私にとってはこの作業が非常に困難で、

    なかなか有効な施策を見つけることが出来ませんでした。

    よく先輩社員に相談して解決するようにしていました。

     

    ですが、大変だった半面、自分の講じた施策で効果を改善できた時は

    非常に嬉しかったのを覚えています。

     

    そして、11月頃からクライアントに広告運用の成果を共有するミーティングに

    参加するようになりました。

     

    ミーティングの中でお客様から

    「広告を出稿してから問い合わせが増えているよ」や、

    「問い合わせの質が上がったよ」

    などのお言葉を頂くことがありました。

     

    もちろんクライアントの方や、営業の方の尽力があってこそではありますが、

    自分も微力ながら貢献できたのではないかと実感することが出来ました。

     

    1年目の早い段階からお客様と近いところで業務に携わることが出来る点も

    メディアハウスの魅力の一つだと思っています。

     

    以上、私の社会人1年目についてご紹介しました。

     

    今回の内容を読んで、メディアハウスの1年目がどのような業務を行っているのか、

    少しでもイメージを抱いていただけたら嬉しいです!

     

    今後も就活に役立つ情報やメディアハウスの紹介など、

    楽しくブログを更新していきたいと思っていますので、

    次の更新をお楽しみに!

  • インタビュー

    【第2弾】21新卒社員にインタビューしてきました!~初受注トピック~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    最近は真夏日の日も徐々に増えてきましたね。。

    熱中症にならないように細目に水分補給をしていきましょう!!

     

    さて、今回お送りするコンテンツは

    「21新卒社員にインタビューしてきました!」の第2弾です。

     

    第1弾では、リンクルの新入社員の声をお届けしましたが、

    今回はメディアハウスエージェンシーの新入社員にインタビューしてきましたので、

    その内容をご紹介したいと思います!

    Q1.今の仕事内容を教えてください。

    ★WEB求人広告の営業を行っています。

     

     

    今回は「インサイドセールス部」というIndeedをはじめとするWeb広告の提案や

    効果改善案を提案する部署の新卒社員にインタビューしています!

     

    インサイドセールス部について詳しく知りたい方は

    下記URLからチェックしてみてくださいね!

    Q2.初受注した瞬間の気持ちを教えてください。

    ★やっと会社の一員になれた気がしました。

    たくさんの方に「おめでとう」と言っていただけて

    とても嬉しかったです。

    何としても採用成功までサポートしたい!と思いました。

     

     

    改めまして、初受注おめでとうございます!!

    1年目の早い時期からクライアント様と接する機会が与えられるのも

    メディアハウスの良いところではないかと思います!

    Q3.受注するために何か工夫したことはありますか?

    ★お客様とこまめに連絡を取ることと、

    1つ1つ丁寧に対応することです。

     

     

    1年目のこの時期から自分なりに工夫して仕事を行えているのは素晴らしいですね!

    Q4.今の業務でやりがいや、大変に感じることは何ですか?

    ★新規のテレアポや効果改善など大変に感じることは多いですが、

    受注が決まったときや実際に運用が始まって応募が入ったときには

    とてもやりがいを感じます!

     

     

    実際に広告の効果が見えるとやりがいを感じるとのことですね!

    メディアハウスでは求人媒体をただ提案するのではなく、

    出稿後の効果改善や、サポートなども手厚く行っています。

    Q5.今の目標を教えてください。

    ★早く戦力になってチームの一員として活躍することです!

     

    大変なことは多々あるかと思いますが、何とか乗り越えてほしいですね!

    今後の活躍に乞うご期待!

    いかがでしたでしょうか?

     

    初受注した際の感想や、いま大変に感じていることなど

    営業職に配属となった新卒社員のリアルな声を

    お届けることが出来たのではないでしょうか?

     

    この機会にメディアハウスの営業職に

    興味を持ってくれたら嬉しいです!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • インタビュー

    21新卒のリンクル社員にインタビューしてきました!~新入社員の本音~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    7月となり2021年も半分が経過しましたね!

    残り半年も悔いが残らないように駆け抜けていきましょう!

     

    さて、今回は21新卒として今年の4月に入社したリンクル社員に

    インタビューをしてきましたので、その内容をご紹介したいと思います!

     

    入社してから3か月のフレッシュな声を皆さんにお届けします!

    Q1.今の仕事内容を教えてください。

    ★リスティング広告(検索連動型広告)やFacebook・TwitterなどのSNS広告の運用を日々行っています。

    Q2.今の業務の中で楽しい事や大変なことを教えてください。

    ★楽しいことは、自分の広告運用により明確な成果が出ることです。

    日々の成果を細かい数字で確認することできるのがWeb広告の特徴であり、

    自分の運用により数字が改善した時はとても嬉しいです。

    逆に、自分の施策で結果が出ないときは悩ましいです。

    (Yさん)

     

    ★成果が目に見える形(数値)で表れた時に仕事の楽しさを感じます。

    反対に、成果がなかなか表れないと大変だと感じます。

    (Iさん)

     

    ★アカウントの調整や、改善の施策が上手くいった時に楽しいと感じます。

    一方、悪化した原因を中々見つけられない時は大変さを感じます。

    (Mさん)

     

    自分の講じた施策が上手くいったときにやりがいや、楽しさを感じるとのことですね!

    その一方、効果検証から改善施策につなげることに苦労しているようです。。

    このフェーズは広告運用において、最も大変ではありますが

    一番の腕の見せ所になるところだと思います!

    Q3.リンクルにはどんな先輩が多いですか?

    ★年が近い先輩が多く、皆とても話しかけやすいです。

    分からないことがあったらすぐに聞きに行ける雰囲気があります。

    (Yさん)

     

    ★1を聞くと10返してくれる方がたくさんいます。

    (Iさん)

     

    ★どんな質問にも優しく答えてくれたり、

    丁寧に対応してくれたりする先輩が多いです。

    (Mさん)

     

    リンクルには親身になって話を聞いてくれる先輩社員が多いようですね!

    このように優しい社員が多い点もメディアハウスの魅力の1つではないかと思います。

    Q4.今の目標を教えてください。

    ★自分ひとりで持てる案件をもっと増やしたいです。

    今はまだ周りの先輩に手取り足取り教わっている状態ですが、

    早く成長して色々な案件を任せていただけるようになりたいです。

    (Yさん)

     

    ★担当している案件に関して誰よりも詳しくなることです。

    (Iさん)

     

    ★毎月の全体の目標である「目標CPA達成率60%」を個人でも達成することです。

    (Mさん)

     

    皆さん目標をしっかり定めて仕事を行っているようですね!

    今が一番大変な時期かと思いますが、各々の目標に向かって頑張ってほしいです!

    Q5.就活生の皆さんに一言アドバイスをください!

    ★数ある会社の中からたった一つの会社を選ぶのはとても大変だと思いますが、

    後悔のないように全力で取り組んでいただきたいです。

    (Yさん)

     

    ★為せば成る!どんな環境でも自分から積極的に動けば、

    物事はいい方向に向かっていくと思います。頑張ってください!

    (Iさん)

     

    ★タイピング練習は今のうちにしといたほうがいいです!頑張ってください!

    (Mさん)

    今後の彼らの活躍に乞うご期待!

    いかがでしたでしょうか?

     

    新入社員が今どんな思いを抱いて仕事を行っているのか、

    リアルな声をお届けすることが出来たのではないでしょうか。

     

    今回の内容が皆さんの就職活動の参考になれば嬉しいです!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!

  • 就活アドバイス

    人事のつぶやき~私の社会人1年目を振り返る(前編)~

    こんにちは!

    メディアハウス福島です。

     

    梅雨入りしてなかなか天気が安定しない日々が続きますね。

    外出する際には傘をお忘れずに!

     

    さて、私もメディアハウスに入社してから1年と3か月が経過しました。

    体感ではあっという間だったなと感じております。

     

    今回はそんな私の1年目についてお話したいと思います!

    知識ゼロからスタートした社会人生活

    私の社会人生活はリンクルでスタートしました!

     

    私がメディアハウスから内定をいただいた時点では

    リンクルがメディアハウスの仲間に加わっていなかったので、

    自分がまさかリンクルに配属されることになるとは思っていませんでした。

     

    そのため、WEBマーケティングに関する勉強はほとんど行っておらず、

    知識が全くない状態でスタートすることとなります。

     

    最初は社内講義や、オンライン動画サービスを使って、

    WEBマーケティング用語などを覚えていきました。

     

    その中にはCPC(クリック単価)やCPA(成果単価)など

    似通った英単語3文字が複数あり、

    記憶力がない私は非常に苦労したのを覚えています。。

     

    その他には、お客様のサービスを理解するために必要な3C分析の演習や、

    リスティング広告において重要な「キーワードの選定」や「広告文言の作成」の研修、

    など広告運用を行う上で必要なことは研修を通して学んでいきました。

     

    また、人事管轄で行っていたWeekly reportというPDCAサイクルを身に着ける研修を

    同時進行で行っていました。

    Weekly reportについて気になる方は下記リンクから読んでみてくださいね!

    そして、徐々に研修に慣れてきて、

    先輩社員と一緒に広告アカウントを見るようになったのですが、

    ここで最初の壁にぶつかります。

     

    広告運用には正解というものはありません。

    ですが、お客様に対しては、

    なぜその調整を行ったのか、

    なぜその施策を行うのか、

    を論理的に説明する必要があります。

    そのため、調整の段階から根拠づけて行う必要があります。

     

    私も先輩社員の方に対して、根拠づけて説明する練習をしていたのですが、

    途中で論理が飛躍してしまったり、根拠が浅かったりして、

    なかなか最初のうちは納得してもらえない日々が続きました。

     

    ですが、フィードバック内容を活かして、数をこなしていくうちに

    徐々に順序だてて説明することができるようになっていきました。

     

    広告運用は非常に責任感のある仕事ですが、

    何通りもある調整方法から自分なりの調整方法を見つけることができるのも

    広告運用の魅力のひとつではないかなと思っています!

     

     

    以上、私の1年目の前半について紹介させていただきました。

     

    次回以降で後半についてもお話したいと思いますので、

    ご興味のある方は読んでいただけると嬉しいです!

     

    今後も人事ブログでは、就活お役立ち情報や

    会社情報などをお届けしていきます。

     

    次回の更新もお楽しみに!